戦時中の慰安婦について、ずっと支援しつつも、朝日新聞捏造の事実以降は大幅な修正をした言論人はいますか?いるのなら名前が知りたいのです。

補足

私は愛国者で旭日旗を身につけている者ですが、韓国人のあれこれをくどくど並べたてる話には辟易しております。 慰安婦問題について、意見を少しでも修正したサヨクがいるかどうかを知りたい。 竹田青嗣さんのような、知を愛する在日韓国人の哲学者もいるじゃないですか。きっと他にもいて、そこから少しずつなにかが動いていかないかなあと、すがるような思いでいるのです。 あおりの回答は、やめてくださいな。

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

ほとんどは何も言わなくっただけで、修正した人はいませんね。 北朝鮮拉致も、絶対北はやってないと断言してた人達は、今はだんまりです。 こんな人でも国会議員になれるから、日本って本当に平和です。 ねえ みずほさん。

0

吉田朝日 日本軍が犯した従軍慰安婦問題の全体像からすれば、ほんの僅かな事でしかありません それが? 日本人の誇りとも言うべき地位に押し上げ、 世界中の研究者が 吉田朝日に影響を受けた、日本凄い と自惚れた者共の戯れ言に過ぎません(笑) 吉田朝日、 世界をリードする日本人の誇り なんですよ(笑)

0

慰安婦訴訟の象徴、自称元慰安婦李容洙 韓国前大統領文在寅 李容洙の爆弾発言により現在韓国では「慰安婦問題は嘘」とする意見が増えています。 この爆弾発言により文在寅は大統領就任直後、慰安婦合意について「重大な欠陥が確認された」「新たに交渉を行うべき」として事実上合意を破棄し任期中ずっと「反日駆り立て」を国内政治に利用しておいて昨年1月、大統領選挙前に突如「(慰安婦合意は)両国政府間の公式合意だったという事実を認める」と立場を180度変えた。 元慰安婦の「爆弾発言」は安倍政権にはプラス! その5つの理由 https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20200527-00180570 プラス2.「挺対協」の「慰安婦証言集」を問題にしたこと。 「挺対協」は1993年に元慰安婦証言集『証言・強制連行された朝鮮人慰安婦たち』を刊行した。「挺対協」は当時、200名近い慰安婦の聞き取り調査を行ったとしているが、当時、百数十名については被害事実や名前、仮名を公開してなかった。 李さんは今回、「被害者に対する証言の聞き取りを正式に行ったことがないのに挺対協が被害者の証言集を6500ウォン(現在のレートで約560円)で販売していた」と述べ、「営利目的のため慰安婦を利用した」と「挺対協」を批判していた。 この証言集は韓国の「従軍慰安婦」存在理由の拠り所になっていただけに「被害者に対する証言の聞き取りを正式に行ったことがない」との李さんの発言はこの証言集の信憑性にも疑問符を与えることになった。 プラス4.「性奴隷」という表現を使わないよう求めたこと。 李さんは記者会見の場で「正義連」が慰安婦を「性奴隷」と呼んでいることについても「あの汚い性奴隷という言葉をなぜ使うのか」「(挺対協は)『米国に聞かせたいからそう呼んでいる』と、話にもならないことを言っている」と批判した。 「正義連」の資料には『性奴隷』は「被害者を罵倒するための用語ではなく、むしろ被害の実状を正確に表現するため、学術的に構成された概念」と説明されているが、当事者がその呼称を拒んだことで韓国政府に対して再三にわたって「性奴隷」という表現を使わないよう求めていた日本側の主張に説得力を持たすことになった。 「知っていながら知らないふりをする」過去 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/96007?page=4 2020年5月、慰安婦出身の李容洙(イ・ヨンス)おばあさんが記者会見を行って、水曜集会および正義連などの団体を批判したことは記憶に新しい。 彼女が、「学生からの寄付が、別の用途に使われているかもしれない」という衝撃的な発言をしたところ、尹美香はあわてて、「おばあさんがボケたようだ。1992年から、おばあさんの支援金領収書を保管している」と弁明した。さらには彼女自身に糾弾の声が向かうと、手のひらを返して、「李容洙さんは、慰安婦ではない」と、これまた“爆弾発言”をしたのである。 彼女は、みずからのFacebookに、「約30年前、李容洙おばあさんが、蚊の鳴くような小さな声で震えながら、『私は被害者ではないよ。私の友達が…』と言ったことを、昨日のことようにはっきりと覚えている」とまで載せたのだ。まるで「これ以上口を開けば、全部暴露するぞ」と、おばあさんを脅迫しているように受け取れた。 もしこれが事実だとすれば、尹美香は慰安婦ではないことを知っていながら、慰安婦として利用していたことになる。 そうした“過去”があることから、「知っていながら知らないふりをする」尹美香の態度は、慰安婦合意内容をすでに知っていながらも、一言も言わず、自身の政治的な目的のためだけに利用した姿と重なってしまうのだ。 朝鮮日報 【5月27日付社説】韓日慰安婦合意の内容を知っていたのに伏せた尹美香、偽善の飾りはこれだけなのか http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/05/27/2022052780940.html ところが、慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんは「尹美香は合意の内容を私たちに教えてくれなかった」と主張した。「10億円が日本から入ってくるのを、尹美香だけが知っていた」とも発言した。尹議員は外交部の事前説明を聞いても、被害者には知らせていなかったのだ。尹議員は「少女像撤去、不可逆的解決、10億円拠出などが抜けたまま聞いた」と釈明した。「核心内容」は聞いていなかったというのだ。しかし外交部の文書には「10億円拠出」を伝えたと明示されている。当時、合意の核心は「日本政府の予算で10億円を拠出して日本の責任をはっきりさせる」というものだった。ところが尹議員は核心内容を隠し、うそまでついたのだ。 尹美香・正義連代表は慰安婦合意の発表を強く非難した。その「功績」が認められて民主党比例代表議員にもなった。ところが、慰安婦被害者のおばあさんたちのために使うべきお金1億ウォン(約1000万円)を私的に使った疑いが発覚し、裁判にかけられた。後援金でカルビを買って食べ、マッサージを受け、速度違反の反則金も払っていた。こんな破廉恥な事件でも、起訴されてから13カ月を経てようやく裁判が開かれた。不動産を巡る不正疑惑まで浮上したが、民主党は尹氏を離党させただけで議員ポストは維持してやった。尹氏は今も議員バッジを付けている。 文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は就任直後、慰安婦合意について「重大な欠陥が確認された」「新たに交渉を行うべき」として事実上合意を破棄した。任期中ずっと「反日駆り立て」を国内政治に利用した。そうしておいて昨年1月、突如「(慰安婦合意は)両国政府間の公式合意だったという事実を認める」と一夜にして立場を180度変えた。本当に恥ずかしいことだ。

0

従軍慰安婦問題は確かに不幸な出来事ですが、強制ではなく、親に金を払って連れてきたというのが事実です。可愛そうなのは売られたその娘なのは言うまでもなく、貧困が一番の悲劇だったと思われます。

1

転向・修正した人はいないのではないでしょうか。 従軍慰安婦に性奴隷実態があったのは事実です。 1944年作成の米軍文書には、朝鮮半島出身慰安婦は騙されて連れてこられたつまり誘拐被害者だったと記されています。 ■1944年ミャンマーで米軍が朝鮮出身慰安婦に尋問した調書 On the basis of these false representations many girls enlisted for overseas duty (このような偽りの説明を信じて、多くの女性が海外勤務に応募し) http://www.exordio.com/1939-1945/codex/Documentos/report-49-USA-orig.html 戦前日本では「女性を騙して海外に連れ出し、売春させる」ことが多発していました。従軍慰安婦もその一つだったわけです。

1人がナイス!しています