経営者側の人間です。従業員の服務規律に反する行為が多々あり悩まされていたのですが自身から退職すると言ってきました。がしかし、精神科の診断書(適応障害)を突きつけられそれを理由に退職しますとの事。

職場の悩み | 退職130閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

参考にさせて頂き、トラブルなく無事に退職して頂きました。もう1人のモンスター社員の方も侮辱発言等がこちら側に知られている事を知った為か猶予はありますが自ら退職を申し出てきました。沢山の問題に悩まされていましたが気が楽になり、より一層仕事もやる気が出ました。他のコメントくれた方々もありがとうございました。

お礼日時:6/30 19:07

その他の回答(2件)

0

1) 医師でないのでわかりません。 2) 私文書偽造罪になる可能性があります。 3) 「公然と」侮辱した場合は侮辱罪となります。言われた相手と本人の二人だけだった場合は「公然と」ではないので、該当しません。 4) ベストは、8月末付の退職届を受理することです。その上で、退職日まで休業を命じればいいです。その間の労働日については平均賃金の6割を休業手当として支払う義務がありますが(労働基準法第26条)、出勤させ続けることの悪影響に比べれば安いものです。解雇した場合は不当解雇として訴えられるリスクがあるので、お勧めしません。

1

深みにはまる前に弁護士事務所に依頼しましょう 結果的にそれが一番安価で安全な道なのです

1人がナイス!しています