回答受付が終了しました

ウクライナ負けそうですね? なんだかんだ言いながらロシアが優勢で支配地域を確実に広げています。

1人が共感しています

回答(15件)

0

最後に勝つのは正義になります。 ロシアに正義はなく、一時の局地的勝利でカバーできるよりも多くのものを失うことになります。 このぺースで占領していったとしてウクライナ全土を占拠するのにどれくらいかかるでしょうか。このロシア軍の多大な犠牲と苦労は水泡に帰することが約束されており必ず徒労に終わります。 局地戦で勝っても国際政治で負けては本末転倒です。

2

貴方のお名前はプーチン、、正義って? プーチン寄りの答えが欲しいように見えますね。 制裁が、どのような条件で解除されるかは、ウクライナとの停戦や和平条約だけでは決まらないでしょう。 つまり制裁解除は、ウクライナ降伏、ロシアのガス、ロシアの原油、ロシアのパラジューム(歯科用だけでなくリチュウム電池電極用)、その他諸々の希少金属、そして小麦の総合的な西側への供給条件具合で決まるでしょう。 今のところ主導権を握っているのは、ご存知の通り、プーチンです。 では最後に笑うのは誰か? 一人に絞るのは難しいですね。 順番にあげると 1. トランプ 2. マクロン 3. エルドアン 4. リズ・トラス 5. プーチン 6. オーラル・ショルツ 7.鈴木宗男 ぐらいでしょう。 二番目以降は大した順列根拠ないですが、トランプだけは別格です。 バイデンの墓穴掘りでチャッカリ復帰しますから。 ぐらいですかね。 補足しますが、停戦時に習近平は数年後に病死しているか、引退しているはずです。多分、ストレスで脳卒中(脳動脈瘤破裂)かも。 モディさんもロシア、中国、NATOの板挟みストレスと年齢で引退かも。 英国は新トラス首相でロシアと和解。 仲介はマクロン。ジョンソンはどうなるか見えません(死亡かも) 全ての停戦、経済解除はトランプが仕切ります。 バイデン親子はもしかすると、脱税、横領、国家反逆、選挙妨害、為替違反などで収監されているかも知れません。 日本は原発大復帰、新設でしか存在不能かも。

2人がナイス!しています

0

「日本の味方」が中国云々言っているが中国にとって日本を攻めて占領する価値が全くないのに「日本の味方」はなんでそんな思い上がっているんでしょうか?