なぜ北岳のほうが高いのに穂高のほうが人気あるのですか?

登山 | 日本史742閲覧

その他の回答(8件)

3

・まず人気と標高は無関係です。 ・人気という「あいまいな評価基準」ではなく「ヤマレコの山行記録数」でみると・・・ ①丹沢山・・・・・・13,900件 ②八ヶ岳(赤岳)・・13,600 ・ ⑥富士山・・・・・・・8,700 ・ ⑨槍ヶ岳・・・・・・・8,100 ・ ⑪木曽駒・・・・・・・7,400 ⑫北岳・・・・・・・・7,000 ・ ・ ⑮穂高・・・・・・・・6,600 です。 穂高より北岳の方が多いです。また北アルプスで見ても穂高より槍ヶ岳の方が多いです。 ヤマレコの記録数で見れば、交通アクセスが良いだけではなく、登る面白さや付加的な魅力も順位に現れるようです。

3人がナイス!しています

1

「一峰対四峰or五峰」・名前としては+西穂高岳・イメージとしては+涸沢岳 一般的に「穂高」と言った時、特定の穂高岳を指さずに、かたまりを指しているのではないか? 1峰対5峰のかたまり勝負は不公平。 北岳の隣には高峰の間ノ岳があるが、なにそれと言われそうな存在感。 一応ね、肩身の狭い北岳に同情する。 そもそも、高級ホテル・レストラン・カフェ、清流の梓川に名峰が立ち並ぶ絶景、お嬢様も憧れる「上高地」と、山小屋はあるよ、カツカレーを食べれば上等、広くはあるけど埃りぽい、川もあったなの印象程度、寝不足で疲れ顔のジジババ達が、アッチは鳳凰三山とか言いながら、遠い山を目指す「広河原」、 主たる玄関口からして勝負にならんのです。 上高地・明神・涸沢を含め、景観的な観光地としての立地条件が揃い、インフラが整備された穂高は、登山者に限らず魅力的であり、日本の誇りです。

1人がナイス!しています