ID非公開

2022/6/26 4:54

55回答

カメラのダイナミックレンジについて。 素直に考えます。 Dレンジは明暗差をどれだけ飽和せずに記録できるか。

デジタル一眼レフ | デジタルカメラ88閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:7/2 12:17

その他の回答(4件)

1

ネガフィルムをスキャナーにかけて、画像変換する際にレベル補正をしないと、全体的に灰色がかった薄く色が乗っている程度の写真になります。 ダイナミックレンジが仮に無限大まであった場合だと、それ以上に何が映っているかもわかりにくい写真になるでしょう。 ですので、レベル補正などで入力レベル(ヒストグラム)の山が出始める所まで明暗の上限を調整して、全体のコントラストを上げる処理が必要になります。

1人がナイス!しています

0

現実にはモニターの限界が圧倒的に低いですね 貴方もお気付きの様にカメラの再現性は相当狭いのが現実です 仮に再現性がかなり高かったらどのカメラを使っても見分けが付かないと思います ですから私は再現性より見せ方の方が重要だと思います

1

>伸びたところで編集上の意味しかないと理解でOKですか? はいOKです。 まあ編集上というより、撮影時にいい加減な露出を設定してもなんとかなる、という程度の話だと思います。 >その画像はどのように表示されるのか。 昔デュープフィルムというポジフィルム複製用のポジフィルムがあって、今でいうDレンジ幅の広いフィルムでした。 これで晴天の日中を撮影すると、さすがに太陽は飛びますが、日向も日陰も同じような濃度で写り、目で見る感じとは全く違う写真が撮れました。 もちろん一般撮影用ではなく、あくまでフィルム複製用のフィルムでしたので、余程で無いと屋外で使う事はありませんでしたが、 おそらくデジタルカメラのRAWデータをすべて表示したら、そのように見ている世界とは全く違った状況が画面に出てくると思われます。 かつて、ポラスキャンのソフトだけがRAWデータをそのまま表示してくれて、そこから必要なコントラストに仕上げていくような設定になっていたんですが、多くの人が理解できなかったと見えて、他のメーカーは採用しませんでした。 またずいぶん昔ですが、シグマの人にその話をして、RAWデータをそのまま表示して画像調節できるようにソフトを作って欲しい、と言ったら、 言われている事は理解できるし理想的だけど、画像生成の中身が理解できない人から見れば、低コントラストの見づらい画像が出てきたら、「なんだ?このカメラ?」って成ってしまうので「そんなソフトではカメラが売れなくなる」と言われ、大笑いした事もありました。 結局私の知る限り、RAWデータをすべて表示してくれるソフトは存在せず、各メーカー「これが一番だ!」という自社解釈の画像しか見せてくれないのが現実です。 またカメラが持つDレンジ幅と、写真として見せる再現幅を混同してしまっている人も非常に多いので、この質問自体理解できるのかどうか?も疑問です。

1人がナイス!しています

0

まあ太陽とかはそうでしょうし、記録できるダイナミックレンジと表示できるダイナミックレンジは別物なので結局は白飛びはする。 ただ、そこにデータが残っている事で現像時の調整が可能な事も事実。 個人的には大きな意味があると思いますよ。