鉄道の普通列車と各駅停車っていずれも全部の駅にも停車する意味でしょうか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(10件)

1

「各停」はほんとうに全ての駅に停まりますが、普通列車はそうとも限りません。 また旅客営業規則などでいう「普通列車」には快速等も含みます。

1人がナイス!しています

1

南海電鉄では、 南海本線は、 各駅停車でも、萩ノ茶屋駅・今宮戎駅を 通過するため「普通」 高野線では、 萩ノ茶屋駅・今宮戎駅を含めて、 全駅に停車するため 「各停」 と 南海本線は「普通」 高野線は「各停」 と 呼び名を区別しています。 ◆萩ノ茶屋駅・今宮戎駅は 高野線のみにホームがあって、 南海本線にはホームがありません。 ですから、 南海本線の電車が 萩ノ茶屋駅・今宮戎駅には ホームがありませんから、 「通過」というより、 停車出来ません。

1人がナイス!しています

2

必ずしもそうではありません。 JR (もと国鉄)は、 普通列車:料金不要の列車 急行列車:料金必要の列車 これで大別しています。 普通列車には各駅停車だけではなく快速もこのグループに含まれ、急行列車には特急も含まれます。 ですので、普通列車といえども必ずしも各駅に停まるとは限らず、地方に行けば利用者の少ない駅を飛ばす普通列車もあります。 また、大阪の私鉄である南海電鉄では、普通と各停が別々にある、というのはよく知られているもの。

2人がナイス!しています

1

そうである場合とそうでない場合があります。 例えば南海電鉄の難波駅から岸里玉出駅までの間…この間は岸里玉出駅から南海本線方面の列車が使う線路と岸里玉出駅から高野線方面の列車が使う線路に分かれています。 そして今宮戎駅と萩ノ茶屋駅には南海本線方面の列車の使う線路にはホームがないのです。 つまり止めたくても止められない状態だから南海本線方面の列車には「普通」、高野線方面の列車には「各停」と名付けているのです。 ※「普通」ならJRにも普通列車と名乗っておきながら駅を飛ばす区間がある列車がある(例:飯田線。豊橋駅から豊川駅までの普通列車は名鉄本線との共用区間にある船町駅と下地駅にも停車するが豊川駅以遠に行く普通列車は豊橋駅を出ると次の停車駅は下地駅の次の小坂井駅です)ので文句は出ないでしょうしね。

1人がナイス!しています