ID非公開

2022/6/26 16:40

1919回答

本等にフルサイズが素晴らしいなら何でもフルサイズで写しますよね。フィルム時代は何でも35ミリ判で写していたんですよ。

補足

フィルムに大判や中判があり、ハーフや126、110、ディスクフィルムがあったことは知っています。しかしハーフやインスタマチックが廃れた後ワンテンの登場まで一般人は35ミリ判で写していました。殆どの人が35ミリ判だけを使っていました。 ところがデジタルになると、フルサイズの所有者の殆どが小型センサーの一眼レフやミラーレスあるいはコンデジと併用するようになりました。なぜ昭和の時代のように35ミリ判だけに出来ないか。そういう質問です。

2人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

この返信は削除されました

その他の回答(18件)

0

大きさや画質、 携帯性のバランスとして35mmが、 ひとつのスタンダード、ではあった。 かといって、他のものが なくなったわけでは無いです。 それ以上でも、 それ以下でも無いです。 使う人の好みと責任で、 選べば良いのです。 要は今風に言えば、多様性です。 他のフォーマットと それを使う人を 嫌ったり貶しもしません。

0

当時の認識が間違っているからですよ。 中判メーカにブロニカ マミヤ、ペンタックス 大判メーカーに 酒井 ホースマン 武蔵野 タチハラ等 なんでも35mmで撮って居Tら訳では無く最低限のフォーマットとして35mmの存在が有ったから、アマチュアが沢山使ったのです。 それが少しシフトしただけで言い切る事は出来ませんね。

0

センサーの製造が技術的に追いつかなかった!! Canonのデジフラッグシップ機、1995年発売のEOS DCS 3・・・ フィルム機のEOS1Nをもとに開発、 たった130万画素の高密度エリアCCD撮像素子を搭載した デジタルカメラ。198万円もしました!! それでも今のCanonAPS-ちょりさらに一回り小さなセンサー(35㎜換算するのに倍 撮像素子サイズ:18.4×27.6mm (縦x横)、600万画素CCDの EOS DCS 1だと3,600,000円(消費税別)!! その後APS-Hと言う企画も発馬甥されたけど・・・ Nikonは 当初35㎜は全く眼中にもなかった!!!

0

> なぜ昭和の時代のように35ミリ判だけに出来ないか。 いまは多様化の時代。 スマホで撮る人も、デジタル中判で撮る人も、いるのがいい。 フイルム趣味の人がいるのも、いい。 135が主になったのは、誰かが操作してそうしたからじゃない。 デファクトスタンダードだったのです。

0

今でこそセンサーなんて安く作る事が出来ていますが デジカメの出始めの頃は如何にしてセンサーを小さくして値段を下げるかが問題でした フィルム時代は35㎜が主流だったのでそれを基に作った方が簡単でしたからね 新しくできたAPSを基にして少しでも価格を落とした コンパクトなんてフィルムの価格帯に近づけるためゴミ粒の様なセンサーにしたら 筐体が小さくできて人気が出て少し高くても売れた 一般の人にとってセンサーが小さくなって画質がなんて気にする所じゃ無いですから フルサイズ信者なんて顧客全体から見ればごく一部の存在ですから