源泉徴収表から課税所得を計算して所得税を求めるのと、実際に記載してある源泉徴収税額が一万円程度異なるのですが、理由をご存知の方いらっしゃいますか?

税金 | 会計、経理、財務86閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ありがとうございます。摘要欄に特に記載なくまた給与所得控除後のところに調整控除後とあるので、年末調整後だと思われます。 もし確認するためには市区町村の役所に申し出れば良いのでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。詳細を確認させていただきます。 御回答ありがとうございました。

お礼日時:6/30 12:10

その他の回答(1件)

1

そもそも、「給与所得の源泉徴収税額表」から所得税を求める場合、課税所得からは計算しません。「社会保険料等控除後の給与等の金額」と扶養控除等申告書の提出の有無により、甲欄又は乙欄のいずれかが決まり、提出されていれば扶養親族等の数により源泉徴収税額が決まります。 課税所得を求めるのは、計算過程にありません。 この税額と1万円程度違うというのは、甲欄と乙欄が違うからではないでしょうか? 扶養控除等申告書の提出をしていると思ったら、提出していなかったとか。 なお、「電子計算機等を使用して源泉徴収税額を計算する方法」も定めがありますが、コレと、前述の方法での金額が1万円も異なるというのは考え難いです。

1人がナイス!しています