ID非公開

2022/6/27 0:44

55回答

シェリルの誕生日って、明らかに問題文が間違ってますよね? https://note.com/tech002z/n/n5da14f1b9dca

算数 | C言語関連188閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

出題側も回答側も、誰も疑問に思わなかったんでしょうかね… アルバートは月「だけ」しか教えられていないので、バーナードがどんな情報を与えられたか知らない。ゆえに「バーナードも知らない」と知ることは不可能であり、問題文が矛盾している…と回答した人はいなかったんでしょうか。

お礼日時:7/3 7:22

その他の回答(4件)

0

そういうことを言い出したら、 ・アルバートが月だけを知っていることをバーナードが知っているということをアルバートは知っている ・バーナードが日付だけを知っていることをアルバートが知っているということをバーナードは知っている などの条件も必要です。 また、アルバートとバーナードは、 ・10個の日付を1度聞いただけで確実に覚えられるだけの十分な記憶力を持っている。 ・与えられた情報から瞬時に正確な答えを導けるだけの十分な論理思考力を持っている。 ・嘘をつかない。 ・互いに、相手も十分な記憶力と論理思考力を持ち、かつ嘘をつかない、ということを知っている。 ・互いに、自分が十分な記憶力と論理思考力を持ち、かつ嘘をつかない、ということを相手が知っている、ということを知っている。 などの条件も無条件で前提とされています。 (論理パズル的には当然というべき前提ですが、現実的には極めてハードルの高いかなり無茶な条件です) 前提条件は明確であるに越したことはありませんが、こういうことをすべて明記してない限り条件設定の甘い不適切問題だと主張するのも、ちょっと野暮かなと言う気がします。

ID非公開

質問者2022/7/2 2:11

それらの条件は全く問題になりません。なぜなら問題文で一切条件が与えられていないため、そう仮定しても何も矛盾しないからです。 与えられていない以上、他の与えられた条件から推論する必要があります。そしてアルバートとバーナードの会話から、それらは十分に可能です。 これはパズルの範疇です。 しかし質問の条件についてはそうではありません。問題文中で「アルバートに月だけを教えた」、つまり「他の情報は一切教えていない」という条件が与えられてしまっているのです。 これはアルバートとバーナードの会話から導き出される推論と明らかに矛盾します。 問題文が「アルバートには月を教えたが、日は教えなかった」なら、何も矛盾は生じません。月と日以外に何を教えたか、教えていないかという条件がないからです。バーナードについても同様です。 問題文がそうなっていないからおかしいのです。

1

性格が面倒臭そうなのでシェリルとは友達になりたくないと思いました。 職場の飲み会でも「私幾つに見えます?」とか言いそう。 すいません、答えになってませんね・・・

1人がナイス!しています

0

"2人には答えが分かった"という状況になったことから、地の文の通りの情報が2人に与えられていたと推測できます。 問題の不備を主張するのであれば、"2人には答えが分かった"という状況が確定するような、かつ、解が別になるまたは解が定まらない(*)、という別の状況が"ありえる"という指摘が要るように思います。 もう少し一般的には"ありえるのではないか?" でも疑義として十分かもしれませんが、**この問題では** 疑義を唱えるのであれば具体的に"ありえる"と挙げる必要があると感じます。 (*)「2人の視点では答えが確定しているように見えるが、実際は確定していない」という意味

ID非公開

質問者2022/7/2 2:43

少し考えてみましたが、まずアルバートについてはシェリルから次のような情報を与えられていた場合、会話が成り立ちますね。 「バーナードは君が月を知っているということを知っている」(真実) 「バーナードには月と日の数字の合計を教えた」(嘘) この場合、アルバートは次のように考えます。 ・バーナードが教えられた数字が21なら、5月16日か7月14日か分からない。同様に23、24の場合も分からない。 20なら5月15日、22なら8月14日、25なら8月17日と分かる。 この先、2パターンに分離します。 (続く)

0

>・アルバートはシェリルから、バーナードが日付を知っていると教えられている >・バーナードはシェリルから、アルバートが月を知っていると教えられている > これは本当に出題者の題意なのですか? そうじゃないと問題にならないので、それは自明です。 これは「知っていることを知っている(何を知っているかは分からない)」という知識を利用した論理パズルです。この類のパズルはよくあります。

ID非公開

質問者2022/7/2 2:19

問題文に「アルバートに月だけを教えた」と明示されています。これは自明です。 アルバートに「バーナードは日を知っている」ことも教えているなら、月「だけ」を教えた、とは書けません。月「だけ」ではないからです。 「月を教えたが、日は教えなかった」のように書き、他に何を教えたか、教えていないか伏せられているのなら、2人の会話から「アルバートはバーナードが日を知っていると教えられた」ことが推論できます。これなら何も矛盾はありません。 「他に何も教えていない」ことが明示されてしまっているからおかしいのです。