ID非公開

2022/6/28 9:48

22回答

ふるさと納税について質問させてください。

税金 | 税金、年金126閲覧

ベストアンサー

0
ID非公開

2022/6/28 11:28

ID非公開

質問者2022/6/28 14:01

ご回答ありがとうございます。 国保 13800円 寄付(ユニセフへ)20000円 保険 約53000円(医療、地震など) 医療費 まだ確定していないので不明 寡婦控除は適用外なんですね。 勉強になります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お答えくださった方、ありがとうございました。

お礼日時:7/2 19:34

その他の回答(1件)

0

FXは申告分離課税ですね。 他には寄付・・・これはふるさと納税ではないのですね? そのような場合の計算は難しいようです。 FXの利益からその控除額を引いた金額が、分離課税の所得金額になるようですから、所得金額は1、980万円ですね。 住民税では多少控除額が異なるので、上記より所得金額が多くなるかもしれませんが、住民税額はその5%なので、99万円(=1980×0.05)です。 所得税の税率は、15.315%なので、 ふるさと納税の上限額は、 およそ、25万円(≒99×0.2÷(1-0.05-0.15315)+0.2) となるようです。 但し、 楽天の詳細シミュレーションで計算すると、23.5万円と出ます。 その差が何かは分かりません。 なお、 自己負担額は、上限額以下のふるさと納税であっても2、000円では済みません。 その理由は、たぶん、 住民税の基本控除額と、住民税の特例控除の計算式(下記の式の*印)にあるのではないでしょうか。 ちなみに、 23.2万円のふるさと納税をした場合、 ①所得税からの控除額:3.5224万円(≒23×0.15315) ②住民税からの基本控除額:1.15万円(=23×0.05*) ③住民税からの特例控除額:17.1776万円(≒23×(0.9*-0.15315)) ④合計の控除額:21.85万円(=①+②+③) ⑤自己負担額:1.35万円(=23.2-④) 楽天のシミュレーションでは、自己負担額は1.37万円と出ます。 自己負担額が1.37万円であっても、返礼品の価値がふるさと納税額の30%程度あるなら大儲けですね。 なお、ご存知のように、 申告分離課税などの確定申告が必要ですから、ワンストップ特例制度は使えません。 ※上限額や自己負担額については、ご自分でも調べてみてください。

ID非公開

質問者2022/6/28 14:17

ご回答ありがとうございます。 わぉ!難しい! 以前は毎年ふるさと納税してたのですが、ちゃんと計算したつもりなのにオーバーしていて『マジな寄付』だったこともあり、やはり知識不足だったのかもしれません。 教えていただいた計算式をじっくり練りながら勉強してみます。 思いもかけない円安が到来し、焦って質問させていただきました。 あ、私の寄付はウクライナ支援のためのユニセフへの寄付です。