サイゼリヤを嫌いな人が叩かれやすいのはなぜでしょうか? 私は初めてサイゼリヤの食事をいただいた際に、あまり自分の口には合わないと思いました。値段の問題ではなく、味の問題です。 。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

確かに自分の意見を押し付けるのが1番良くないと私も思います。各々が文句を言われず、自分の好きな場所で食事をとれるのが理想ですね。

お礼日時:7/3 22:09

その他の回答(6件)

0

サイゼを嫌いな人が叩かれやすいという事実は無いし、嫌いと言う程ヘイトを向ける、執着する必要は無い。 特定の店に行かないだけで何がどこで炎上するのか。する要素も場所も存在しない。 そして、会社自体が問題行為を起こしたなら嫌いになるのは当然だが、あなたはメニューを数個頼んだがどれも口に合わなかったというそれだけ。普通はそれで嫌いにはならない。好きでは無いからただ行かないと言うのが普通であって。店は他にいくらでもある訳だから。 つまり、あなたが炎上したのはサイゼとは関係ない。意味不明なことを書き込んでるのが原因。

あと、パスタ食べたけど不味かったから、他のメニューも不味いだろうと言うのは、早まった一般化という詭弁です。 例えば今まで好調だったから続けよう→破産 よくある話でしょ。今まで良かったから今後も良いだろうという、これも根拠の無い執着。詭弁を垂れながら行動した結果、破産です。 まあ、何も書きこまない方が良いかと。あなたは損しかしてない。

0

普段サイゼリヤ以下の食生活を送っている人たちにとっては、それが少し贅沢ないわば「ハレ」の感覚で臨む食事だからです。 精一杯オシャレして着た服をセンスが悪いと否定されたようなものですから、 耐え難い屈辱でしょう。 また世間的に必ずしも評判が高くないことは彼らも認識しており、自分たちの嗜好にどこか不安を感じていることもあって余計に過剰反応するのです

0

当人の考え方では 私のようにこの場でも不味い等の質問 回答有れど 値段で勝負と思っているし 食べられればいいとという人もいるわけだし しかもランチ時にか使用しないので このような質問回答に付和雷同される人もいるのでは無いでしょうか

1

まず前提として、共通の話題なると思い肯定的にした話を否定されると反論したくなるということあるのでしょう この場合はサイゼっていいよね的な話だと思いますが、例えば「この間のラグビー面白かったよね」に対して「ラグビーの面白さ分からない」と答えたら、大抵の場合は「そう?みてみれば面白いよ?」といった答えを否定する形の反応になるのは良くあることだと思います。 こういったよく起こる反応に加えて、サイゼリヤの場合「安さ」という部分が評価と切り離せないものですから、「美味しくない」との単に味の面での否定的評価に対しても、自分が持っている「安さ」に対する評価も否定されているように感じのではないでしょうか スポーツなどの趣味であれば、趣味が合わないなと落としどころが付けられるのでしょうが、経済的な感覚を否定されたことについては自分の落としどころが見つけにくく、自分にはサイゼで十分、この値段でこれなら十分と開き直れない人は「金持ちぶっている」といった所へ行きつくのではないのかと思います。 個人的にはサイゼは、美味しい不味いで言ってら美味しくない、500円程度と考えたらまぁ仕方ないんじゃない、というものですから サイゼ推しの人に話を降られたら、「安いよね」とか「あの値段でよく出してると思うよ」とか事実に言及して話を合わせるだけで、美味しい美味しくないの話にはもっていかないようにしています。 吉野家の話で今半の方が美味いとか言っても始まらないのと同じです。 これに限らず、相手が気に入っている物の話に対しては、同意できる部分を探して話を合わせるというのも世渡りなのかなとも思います。

1人がナイス!しています