回答受付が終了しました

ごくごく普通の公立中学→都立高校ルートを辿っている者です。

予備校、進学塾 | 高校受験312閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

回答(6件)

1

今年の話です。 同じ塾か分かりませんが、やはり 「某都立高校在学ということを自己紹介で言うと中高一貫の進学校の生徒に冷たい目で見られるから気をつけろ笑」 と言われたことがありました。 その某都立高校の蓋を開けてみると実は私立中高一貫校から流れてきた子も結構います。それら私立国立進学校を蹴って都立を好んで 入るお手伝いさんが家にいるお金持ちも多いです。 そういう意味で視野が「狭い」という人々がいくらかいることは事実みたいです。 解けない人の気持ちがわからない彼らの常識と その彼らに対するまわりの彼らへの認識にずれがあるのもわかる気がしますね。

1人がナイス!しています

1

>都立進学校の子は自分たちと感覚が近いのに比べ、私立進学校の子はちょくちょく常識が無いというか、世界が狭いような気がします。 いいところに気づいたと思う。 大学をでて就職してみるとよくわかるんだけど、中学から私立の連中は均質な研究室内での純粋培養で、例えば社会で高卒とか専門学校卒で働いでいる人たちのことを理解できないのよね。 これが彼らの強みとか弱みになってくる。 これに比べると、公立中学から都立の上位校に上がってくるのは雑草だから、最後になるとしなやかで強いよ。 あとは人生観の問題。

1人がナイス!しています

1

アナタの世界が狭いだけですね。 相手もさして変わりませんが。 私立中高一貫の人たちは、公立の人と住んでいる世界が違います。 特に家庭環境がまるで違います。 そろそろ、そういう「多様性」も理解できるようになりましょう。 多様性の理解も「知的レベル」の高さです。

1人がナイス!しています

0

開成・桜蔭の方はおそらく受験勉強はじめた小4から解けない人の気持ちはずっとわからないできていると思いますよ・・・中1から解けない人が視野から消えましたし・・・