ID非公開

2022/6/29 10:38

44回答

和裁士、お着物の仕立てにお詳しい方にお尋ね致します。

着物、和服155閲覧

その他の回答(3件)

0

表と裏の収縮率でいいますと、大島の表には、紬地の八掛が良いです。が、色のバリエーションが少ないので、精華の八掛を選ぶ方もいます。 色は良くても、仕立の面で、裏が詰まって表がかぶってきたり、裏が詰まりきらずに、裾のフキがまっすぐ均一にならずに、波打ったりします。 十分、地のしして、うまくつり合いを見たうえで仕立ててもらえるといいですが、それでも、違う生地質のものを合わせてくるのは仕立てが難しいです。 なので、大島や紬には、紬地の八掛をお勧めしています。 余談ですが、紬や大島は、昔はあまり色のバリエーションがなかったので、八掛もそれほど色数をそろえる必要もなかったのです。 縮緬や綸子などよりも、シャープな印象で着るので、はんなり系の色味がなくてもそれほど不自由しなかったということもあります。 今は、お召しなんかでも、おしゃれな色味のものが増えましたが、八掛は昔のままです。

0

八掛けは表地に合わせた物を着けないと収縮率の違いで、袋になりやすいと言います。それで、紬は縮みにくいので紬用の八掛けを付けた方が良いのですが、先染めだそうで着物が減った今は、合う色が少なくなっていて、好みのものが見つかりにくい様です。(又、日常的に着ると紬八掛けは撚りが少ない分摩耗に弱く、すり切れやすいとも。でも普通に着ている場合は気になった事はありませんが、そういえば好きで着る機会の多かった大島の裾が、すり切れ始めていました。) 母が紬には紬八掛けと言っていたので、精華地を付けた事はありませんが、すり切れにくいのと暈し八掛けが少ないので、大島紬にも精華地の八掛けを付ける事が多い様です。実際に袋になりやすいのかは判りませんが、仕立て屋さんのブログには紬用を選んでくださいと書かれていました。

0

表に合ういい色がついている方を選んでいます。 ただ、それはわたしが紬といっても塩沢や、結城など柔らかい風合いのものが好きだからかもしれません。 大島のあの風合いには、(縮緬用の裏地は実際は見かけによらず丈夫ということですが、)先染めでしっかりした感じのある紬用の八掛けのほうが合う気がします。 実際に両方使っている方にお聞きしてみたいです。

ID非公開

質問者2022/6/29 12:20

奥深いところの、ご意見と感じました。ありがとうございます。 今、仕立てようとしている大島紬は龍郷の青で、アンティークなのか?生地が薄めで、少しだけ透けてる程で、柔らかいタイプの大島紬と感じています。