MT車、教習生です。 ギアチェンジについて質問です。 ギアチェンジをするとき、アクセルを離してから行うと指導員からは習いましたが、 アクセルを離すとエンジンブレーキで

運転免許 | 自動車196閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん、ありがとうございました。 なるべく同時に行うことを意識して、 慣れるまで頑張りたいと思います!

お礼日時:7/4 9:34

その他の回答(7件)

0

クラッチを切る前にアクセルをほんの少しだけ緩めて一瞬加速も減速もしない一定速度にしてから、クラッチを踏むと同時にアクセル離すと良いですよ。 一定速度にする時アクセル戻しすぎるとそれはそれで前のめりになるので注意です。

0

アクセルを離すと同時にクラッチを切る 上のギアへ上げる際はクラッチを一瞬半クラさせて繋ぐ。 下のギアへ下げる際は速度をそれなりに落し前述と同様に一瞬半クラさせて繋ぐ、 エンジンの回転数を合わせられればスパっと繋いでもギクシャクすることはないが そんな芸当中々出来ないので一瞬半クラッチで誤魔化すんです。(ゾーンに入るとキマることも) 尚、速度が十分落ちていればブリッピング(から吹かし)する必要はない 無論上りのギアへ入れる際もブリッピングする必要はない(エンジン回転数が落ち着くまで数瞬待機)

0

以下が手順です。 ですがルールではないので状況に応じてです。 ①アクセルをもどす ②それと同時にクラッチを握る ③ギアチェンジをする ④クラッチを半クラに戻す ⑤クラッチを全部戻す アクセルはエンジンの回転数を上げるものです。 アクセルを戻せば、エンジンの回転数は下がります。 その際にエンジン回転数の低下がタイヤにも伝わり、 クルマやバイクは減速します。 これをエンジンブレーキというもので、 バイクやクルマはブレーキ本体だけでなく、 このエンジンブレーキも利用して減速をしています。 ですがエンジンの回転数が急激に下がると このエンジンブレーキも効き強くなります。 ガクガクするのはこれが原因です。 この状態を避ける為にクラッチを握ります。 クラッチというのは、エンジンとギアの間にある機械です。 クラッチは複数の円盤状の部品で構成しています。 クラッチを握るとこの円盤は完全分離し、 エンジンの回転はギア→タイヤに伝わりません。 ですからエンジンブレーキも生じません。 なのでクラッチをにぎればがくがくすることもありません。

0

先にクラッチ話したらエンジン回転数が上がっちゃうのでダメですよ。 3速以上ならアクセルはなてもそんなにがくんとくるほどエンジンブレーキはかからないでしょうが、1速2足だと単純に離すとそうなったりしますね。 このあたりは感覚なので頭で考えているうちはうまくいきませんが、アクセルを離すと同時にクラッチを踏み込む感じです。 どっちが先でもありません。