ID非公開

2022/6/29 18:09

1111回答

もし、太平洋戦争が昭和20年8月15日に終わらず あと半年くらい続いて 秋にアメリカ軍が予定していたと言う 日本本土上陸作戦が実行されていたら その時には、日本は消滅してしまい

ベストアンサー

0

その他の回答(10件)

1

その場合はアメリカ、イギリス、ソ連、中国の4分割統治です。

1人がナイス!しています

1

あの米国が、同胞を戦争でたくさん殺した敵国を占領した後、その国民にアメリカ国籍を与えアメリカ人として迎え入れる可能性はゼロ。 カイロ宣言で領土を全部奪わない、と世界に約束しているし、仮に3千万人(半分以下)しか残っていなくても、日本人は日本人です。 もっとも、その我々が、生き残れたと思う方が、超お人よしです。 3千万の大半は 半島や中国大陸から移民してきた人々かもしれない。

1人がナイス!しています

そうそう。昭和天皇とその弟宮、家族は女性も含めて、軍の首脳と一緒に、松代の「大本営」で全員、自殺しているので、皇室が果たして残っていたかどうか? もしも皇太子(現在の上皇陛下)らが米軍に投降して捕虜になっていて、再建後の新天皇になっていたでしょうが10数歳の彼の指示など誰も従わず、大日本帝国はここで終焉します

1

「本土決戦」ね。 そうなれば、三発目の原爆が、おそらく京都辺りで破裂したかもね。 天皇陛下のご聖断があって、本当に良かったと思います。

1人がナイス!しています

1

そしたら「我々」は初めから生まれていないことになるので、何人になろうと思い煩う心配もありません。

1人がナイス!しています