横断歩道は歩行者優先て本当に正しい規則なのですか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 昭和や平成の頃は横断歩道は無視してみんな走り去っていたと思うのですが。

画像

新車 | 新車236閲覧

1人が共感しています

その他の回答(11件)

0

飲酒運転も昭和の頃はみんなやってた事だよね 平成中盤頃くらいまではみんなやってたよね 急に規制したわけじゃ無く なぁなぁになってたことを強化しただけだよ 道交法にはちゃんと書かれていたことです 歩道での一旦停止も車側が守っていないだけで しなくてはいけなことです。 これは俺が免許を取った30年以上前から 書いてあったことだ 令和になって書かれたことでは無い

0

起きるでしょう。ですがそれは意識が変わる過渡期の一時的なもの。 交通社会が成熟しドライバーが横断歩道の歩行者優先を一様に理解すれば、最早止まる事が当たり前になるので事故が起きなくなります。 ちなみに一時停止は「止まる事」に意味があります。減速しつつ進入する場合と、完全停止から発進しつつ進入する場合では、車の持つ運動エネルギーが全く違うので事故時の被害が異なります。よく「停止線で止まったら見えない」と言う頓珍漢な輩がいますが、「見える頃にはお前の車の鼻先が交差交通と当たるんだよ」って話。見える前に止まるから意味があるのです。

0

事故が起こるのは 皆止まらないからです 皆が止まれば事故は起きません なぜ止まらないのか 取り締まらなかったからです 取り締まっているケースの方が少ない 歩行者優先の考え方は 弱者優先でもあるので そもそもそれが間違っているわけがありません それなら、 人をひき殺しても殺したほうが正しくなります

2

そういう認識なら爺さんは人を簡単に轢いてしまうだろうね?歳も歳だし、免許返納したら?あと親の遺産で370万一括購入したクルマのカローラツーリングと、中古のハヤブサを処分してください。

2人がナイス!しています