ID非公開

2022/7/1 11:44

11回答

民法についての質問です。

補足

問題文では、 「主たる債務が連帯債務であって、数人の主たる債務者全員のための保証人となった場合は、保証人は各債務者に対して分割してしか求償することができない →不正解」 となってました。 「分割してしか求償することができない」のが間違いだということは、やはり、各債務者に対して、それぞれ300万円全額の求償ができるということでしょうか?

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/7/5 10:55

回答ありがとうございます! ということは、Xは、ABC各人から300万円ずつ…トータル「900万」もらえるということでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすくてとても助かりました(*^^*) ありがとうございました!

お礼日時:7/5 15:56