スピーカーを社外に変えてますが、低音があまり出ません。 取り付けは、インナーバッフル方式で取り付けをしています。 外付けアンプ内蔵DSPにて、マルチで鳴らしています。(2way)

補足

フェイズプラグの付いたスピーカーを使っています。 メーカーはフォーカルのFLAX EVOです。

カスタマイズ122閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

先ずは家庭用のボックス型スピーカーの造りを理解して下さい、 ボックス型のスピーカーは前から出ている音をメインにしています密着型の物は後ろから出る音はあまり前に出て来ません、スピーカーボックスの中に吸音材が有り後ろから出る音を無くす様にしています、これは後ろから出るマイナスの音と前から出るプラスの音が打ち消しあう事を防いでいます、 ボックス型スピーカーでもスピーカーユニットをボックスから取り出してユニットだけで鳴らすと、低音は打ち消し相って出ません、車のドアは穴だらけなのでこの状態近いです、純正スピーカーの場合は、スピーカーの前に筒等とスポンジ等で内装の部分迄後ろから出る音と干渉しない様にしてあります、 ですから後付けスピーカーもこの様にすれば干渉が防ぐ事が出来ます、ですからインナーだろうがアウターバッフルだろうがこれをやらないと対して変わらない、 デットニングは振動を出ない様にやるだけではダメです、また振動を吸収しすぎてもいる音質信号も吸収してしまい詰まらない音質になります、スピーカーユニットに合わせたボックスを造る様にやるのが一番です、ググっても出てくるかと思いますが、スピーカー取り付けバッフル面(インナーバッフル、アウターバッフルの回りの板は全てバッフル面です)の穴は全て後ろから出る音が前に回り込みます、音が打ち消しあう原因なので強固に塞ぐ方が良いです、ただ塞ぐだけだと、ユニットの前に出す音が弱くなります、ですからイメージとしては、家庭用のボックス型スピーカーにするイメージです、 理想はこんな感じですがなかなか大変な事で何で、取り合えずスピーカーの前に筒、スポンジ等で内装出口直接音が干渉する事無い様にやる事と、でかい穴は塞ぐ事からやると良いかと思います。

1

エントリー価格帯はそれだけで完結するが、中級、上級スピーカーは、サブウーファー在りきの考えで作られておりミッドスピーカーに近い明瞭度の強い音質で、元から余り低音が出ないスピーカーが多い。 つまりサブウーファーで低域ベースを作りミッドとツィーターを重ねて音を組み立てる考え。 やっすいエントリー価格帯の方が低域が豊富に出てくるし、サブウーファー無しでもバランスは取れてる。

1人がナイス!しています

デッドニング…原音がダァーンって間延びした感じ鳴ってる所がダァンって緩い音からインパクトサウンドになり、キレが良くて良くなったって考えがちだが、結局は人工サウンドになっただけで、もう音の組み立ては全然別物になり、此の時点で脱線してて、もう擬似音の世界へ突入してる…笑 アウターバッフル… もう此処から鳴って居るって感じの最低最悪のサウンドになる。 幾らスピーカーを見つめても音が綺麗にダッシュ上から鳴ってるが最低条件。

1

低音をしっかり出すならば、デッドニングをきちんとやるのが効果は大きいです。 安物スピーカーは特性上、低音が出ない物もあります。 アウターバッフルにしてもそれほど変わりません。

1人がナイス!しています