ID非公開

2022/7/1 23:56

99回答

パイロットはみんなサングラスを付けているのに、何で電車やバスの運転手はサングラス禁止なわけ?

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

0

バスに限ってですが、接客重視が叫ばれるようになってからだと思います。 言い替えたら「濃い色のサングラスはお客様に不快感与える…」これが根本的にある気がします。確かに真っ黒なサングラスだと不快感や怖さがあるかも知れませんが、眩しさ避けるサングラスと紫外線カットにより眼鏡でも色が付く意味では程度はありますが認めて欲しいですね。 余談ですが自分も10数年のバス運転手経験で紫外線が原因と思われる白内障発症し、右目に人工レンズ入っています。 バス、特に12m車で身長低い運転手はサンバイザーが眩しさカバーしづらいんです。

0

パイロットは雲の上で飛行するため遮るものがなく日差しが強いのでサングラスをしなければ目が傷ついてしまいます。その点地上の仕事ならサングラス無しでもそこまで問題はありません。 また、サングラスをしながら仕事をするというのは良い印象を与えません。パイロットは乗客と直接顔を合わせることはありませんがバスの運転手などは直接乗客と顔を合わせるわけですからキチッとしたイメージは大切なのではないでしょうか。 パイロットも地上ではサングラスを外します。

1

冬季の東上線上り運転士はグラサン使用率高いです。 朝日に向かって運転するので、かなり眩しいですから。

1人がナイス!しています

2

大手のバス会社でも禁止までしているところは少数派です。眼球が見える程度ならOKとしているところもあります。ミラーはダメとしているところは多いですが。 鉄道も然り。 最近は逆に率先してサングラスを認めている会社もあります。 まずは安全が優先ですから。

2人がナイス!しています