母の供養について

葬儀1,175閲覧

ベストアンサー

0

温かいご回答ありがとうございます。 お墓は今のところありませんが、遠方の実家のお墓に納骨させて頂きたいと考えています。お寺は宗派も大事と聞くので、やはり実家の宗派は確認すべきでしょうか。お寺のツテはありません。葬儀は火葬式で執り行いました。本当に世間知らずの無知ですのでご容赦ください。そのせいで親戚との関係もこじれ気味になり、ご質問させて頂いております。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳らかに答えて頂きありがとうございました。 大変参考になりましたので、ベストアンサーとさせて頂きます。 質問にご回答頂いた全ての皆様に感謝申し上げます。 どれも温かいアンサーで非常に勇気づけられました。 頑張って母親の供養を進めていきたいと思います。

お礼日時:7/4 14:53

その他の回答(6件)

0

お寺に法要をやりたいとお願いすれば、どうしたら良いた親切に教えてもらえます。

0

納骨の際に坊さんの読経を頼まないといけません。

1

坊さんやお寺さんなんて、意味ありませんからね。 あなたが、こころからお祈りする以上の供養なんてありませんからね。

1人がナイス!しています

0

恥ずかしいことではないと思います。 法要などお寺に頼まなくても家でご自身で供養はできます。 仏教の葬儀やらお経、お墓も必要ありません。 貴方が亡くなった方を少しでもラクにして差し上げたいという気持ち(心)があれば あとは難しいことをする必要もなく、 お金を掛けることもなく御供養はできます。

0

一昨年ということは「2020年」に亡くなられたのですよね。 亡くなられた月日はわかりませんが、仏式での供養で書かせていただきます。 ◉ 月命日 亡くなった同じ日 (月 1回 年 11回) ◉ 祥月命日 亡くなった同じ月と日 (年 1回) (よく耳にする「命日」とは祥月命日の事です) ◉ 盆 お盆の時期は全国共通ではありません。 地方によってお盆の時期は違います。 ⭐︎ 毎年7月13日~16日 東京の都市部(多摩地区以外など) 金沢市の旧市街地 静岡市などの一部 ※ 「新のお盆」や「東京盆」と呼ばれています ⭐︎ 旧暦7月13日~15日 沖縄県と鹿児島県奄美地方 ※ 旧暦でお盆が行われるため、年によって日付が変わります。 他の地域より1日短く旧暦7月13日~15日の3日間が一般的です。 ⭐︎ 8月13~16日 上記以外のほぼ全国の地域 ◉ 春の彼岸 毎年、春分の日と前後3日間の計7日間 (2023年は3月21日が春分の日なので、3月18日(土)〜3月24日(金)の7日間) ◉ 秋の彼岸 毎年、秋分の日と前後3日間の計7日間 (2022年は9月23日が秋分の日なので、9月20日(火)〜9月26日(月)の7日間) ◉ 年忌法要 ・三回忌 → 2022年 (命日がまだなら法要できます) ・七回忌 → 2026年 ・十三回忌 → 2032年 ・十七回忌 → 2036年 ・二十三回忌 → 2042年 ・二十七回忌 → 2046年 ・三十三回忌 → 2052年 ・五十回忌 → 2069年 一番近い供養の日(お盆?三回忌?)に、ご近所のお寺さんで構わないのでお願いをして読経をして頂くといいと思います。 (特定の宗派を信仰されているなら、同じ宗派のお寺さんにお願いしてください) ただお盆の時期はお寺さんは、檀家さんの家に読経をされに行かれるので物凄く忙しくされています。 お盆にお願いされるのであれば、すぐにでもお寺さんに日程の相談をしてください。 体調面 生活状況 費用面 考え方 など人それぞれに違います。 法要をしたくてもできなかったり、必要性を感じなかったりする事だってあります。 年忌法要などの特別な日に法要をしなくても構わないのではないでしょうか? 仏壇があるなら線香をあげて手を合わせるだけでもいいと思いますし、仏壇がなくても故人さまの写真にお水とごはんをお供えするだけでもいいと思います。