何で公的年金って本来の受給開始時期(65歳)に対し 繰り下げをする人がほとんどいないのですか? 繰り下げをする人って、たった1~2%らしいです。

補足

70歳受給開始なら81歳で、75歳受給開始なら86歳で 生涯受給累計額が65歳受給開始の場合と同額になります。 つまりそれ以上長生きするなら繰り下げのほうが得なわけです。 65歳から受給開始する人は70代で死ぬ構想なのでしょうか? そんな構想でいて、まかり間違って100歳まで生きてしまったら?

年金 | 社会保険176閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

平均寿命ぐらいで死ぬ構想でいたら、 間違って100歳まで生きてしまったと言う場合も 考える必要があると思います。 早死にすれば単純に「損をした」だけで済みますが 下手に長生きしてしまうと、65歳受給開始の年金では 暮らして行かれないと言う事態もあり得ます。 受給開始時期繰り下げは、そう言う事態に備えて 保険に入っておく的な意味もあると思います。

その他の回答(2件)

0

今まではメリットが無かったですから。 これからは増えるでしょう。 65歳まで働けるし、20歳で大学生だったばかりに 年金を未納にして、満額もらえない人も多かったし。 満額78万の30%カットは23.4万で痛いけど、 大学院卒で5年間未納で68.25万。30%カットで47.4万。 少なくなったように見えても、減額幅は、21万弱なので 痛手は少ないことになっていました。 これからは、24%カットなので、繰り上げ受給すると 平均余命まで生き延びると、総受給額では損になるので、 繰り下げは多くなるかと。

1

いつまで生きられるかわからないですからね。早く亡くなれば、年金を受給できないかも知れませんから。 私の姉は59歳で亡くなりましたので、1円の年金も貰うことができませんでした。

1人がナイス!しています

それなら、ほぼ全員が60歳受給開始の繰り上げ受給を 選択すると思いますが。 もちろん1年あたりの受給金額は減らされますが、 いつまで生きられるかわからないのなら、それが得策なはずです。