檸檬 梶井基次郎 なんのことはない、私の錯覚と壊れかかった街との二重写しである とはどういうことでしょうか?考えてもよくわからなくて、、

文学、古典 | 小説61閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

柴田翔の「ロクタル管の話」もそれに似ていますよ。何か参考になるかも知れませんね。