炭水化物と糖質の違いは何ですか?

ダイエット103,303閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

23

23人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様詳しくご回答頂いて大変恐縮致します。なるほど、そうだったのかという感じで納得です。BAを決めるのが難しかったです。。。皆様本当に有り難うございます!

お礼日時:2009/5/28 11:16

その他の回答(2件)

2

炭水化物は、糖質と食物繊維を合わせた栄養素です。 炭水化物は体内で消化されると、糖質と食物繊維に分解されるので、炭水化物と表示してある場合に含まれる糖質と、ただ単に糖質だけの表示も、結局は同じです。 最近では、食品に含まれる食物繊維も注目される栄養素ですから、炭水化物ではなく、糖質と食物繊維に分けて表示されることが主流になっています。 食品成分表示が炭水化物なのに、食物繊維も表示されている場合もあるかもしれませんが、食物繊維含有量が特筆されているんだと思います。 雑誌にあったように、炭水化物抜きは大変危険です。 糖質は脳と神経系が働く唯一のエネルギーであり、アミノ酸が合成される材料になります。 その為、脳と神経の働きに異常が表れ、間違った指令を出し、骨や筋肉にも影響します。 食物繊維もダイエットには大切な栄養素ですから、糖質と食物繊維が摂取出来ないダイエットは間違いですよね? 果物もビタミンと、カリウムやマグネシウムなどのミネラルの補給の為に、毎日食べるべき食品ですね。 でも果物だけで、一日に必要な糖質を摂取するには、たくさんの個数を食べなければなりません。 例えばオレンジの糖質は、100g中約10gなので、10個は食べなければなりません。 果物の糖質の果糖は、すぐに消費されなければ脂肪に変わりやすい性質です。 また果物に含まれる酵素は、朝に食べるのと最大の効果を発揮します。 脂肪に変わりやすい性質と、酵素の働きを考慮すると、果物の摂取は朝だけが望ましいですね。 質問者様が、アスリートと同じような運動量なら、毎食でも構いませんが…。 また果物は何個食べても、主食に比べると満足感と腹持ちが悪く、食費も高くなります。 果物だけで必要な糖質を摂取すれば、一日千円くらいでしょうね。 果物だけで、一ヶ月3万円くらいの食費を掛けられますか? お米やパスタなどの主食は、量を控えても満腹感を得られ、腹持ちも抜群 で、食費も掛かりませんね。 空腹感が少なく、食費も掛からないダイエットの方が長続きします。 炭水化物は果物の糖質を考え、その分の主食の量を控えて、一日の摂取カロリーの半分は必要になります。 後は砂糖類、脂質を控えて、低カロリーで高タンパク質のメニューが大切ですね。

2人がナイス!しています

0

食物はたんぱく質、脂質、炭水化物の3つにわけられます。 偏った言い方かもしれませんが、炭水化物は最終的に糖質に分解されるものです。 (ちなみにこの言い方だとたんぱく質の最終分解物はアミノ酸です) そのため糖質は炭水化物の一部といえます。 雑誌にあるとおり、糖質は脳やその他身体にとって重要な栄養です。 特に朝食の必要性が言われるのはこのためです。 果物の主な炭水化物源は果糖などであり、これは単糖(最終分解物)にあたります。 一方米などに含まれるでんぷんなどの炭水化物は、この単糖がいくつもつながったものであり、 人体の様々な臓器や消化液により単糖へ分解され、吸収されます。 実際果物中にあるものは最終とまではいえないものかもしれませんが、 でんぷんに比べてすぐに吸収されてしまうので血糖値のあがる速度が違ったり、 腹持ちがよくなく結局間食してしまったりなども考えられます。 なので主食をまったく抜く食事(特に朝食)はあまりおすすめできません。 しかしフルーツをとることは即使える糖質を摂取でき、またビタミンも豊富なためとてもよいことだと思います^^ もし減量なさるのなら、いま主食の量が適切なようでしたら、他の食品を変更したほうがいいのかもしれません。