ここから本文です

イースター島のモアイ像って歩いたという説をきいたことあるんですが? あなたは...

tbs********さん

2009/6/222:03:34

イースター島のモアイ像って歩いたという説をきいたことあるんですが?
あなたは信じますか?

閲覧数:
3,019
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2009/6/313:50:14

>歩いたという説をきいたことあるんですが

WIKIの引用ですが・・・

「その後の研究でモアイは完成後すぐに立てられ、立った状態で縄で目的地まで運搬された、という方法も示されており、この方法では横倒しにして運搬するよりも人数が少なくてもすむ上、効率も良い事が確認されている。また、「モアイは自分で歩いた」という現地の伝説の根拠にもなっている。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%A2%E3%82%A4

・・・ということですね。これについて言えば、外国の研究者が実験したドキュメンタリを見たことがあります。

「歩いた」というのは石像を切り出した場所から設置予定の場所までの運搬方法を説明したものということです。

モアイ像は当然重量があり、運搬には困難があります。比較的容易であったと思われる方法が「歩いているように見える」方法だということです。

例えばドラム缶の運搬方法に似たものです。人間1人がドラム缶を移動させるのにどうするかと言うと、転がす以外ではドラム缶を立てたまま、まず手前に少し傾ける、傾けたまま(ふちで立てたまま)右でも左でもわずかにころがす、そうすると少し手前に移動する、そしたら今度は逆方向に少し転がす、そうするとまた少し手前方向に移動する。
こうして左右に転がす動作を繰り返すと、少しづつだが移動できる。
まあ、百聞は一見にしかず、見ればすぐわかりますが、以上の説明でわかったでしょうか?
当然、実験は現地でモアイ像(レプリカ?)を使ったものです。ドラム缶ではありません。念のため。

これは家具など、箪笥とか重いものでとても引きずったり持ち上げられないような物でも、少ない力で移動できるものです。
結果、これがモアイ像であれば体を左右に揺らしながら歩いているように見える。

そうやってモアイ像を運んだのであろう、だから「歩いているように見える」「伝説は正しい」とその研究者は結論付けていました。

私も「なるほど」と思いました。





108

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる