ここから本文です

歯科大学付属病院などの大きな歯医者は、軽い虫歯や定期健診などは流れ作業的な診...

アバター

ID非公開さん

2005/1/2800:40:41

歯科大学付属病院などの大きな歯医者は、軽い虫歯や定期健診などは流れ作業的な診方をするのですか?
今日歯科大学で数年振りに診て貰ったのですが、虫歯は無かったので歯石の除去のみでした。
でも、なんだかさっさと終わらせてしまいたいような印象を受けまして。しかも、完全には除去されてない・・・。
終わったら「また何かあったら来て」と言われたのですが、何かあってからじゃ遅いんじゃないの?って思うのはおかしいですか?
小さい歯医者には殆ど行った記憶が無いのですが、普通は定期健診のお知らせがハガキなどで届くと聞きます。
大きい歯医者と個人経営の歯医者のメリット・デメリットなどありましたら聞かせて下さい。

閲覧数:
1,139
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2005/1/2807:54:43

「かかりつけ医療」と言う概念があります。

最近では、メンテナンス・定期観察等は一般開業医で、高度な専門分野は大学病院等の専門機でと分けて考える事が多くなっています。
よほどの事がなければ、基本的に大学病院に行くことは少ないのが普通の考え方です。

大学病院のメリットは専門家であると言うことです。
また総合病院でありますから、歯科治療の事故などが懸念される場合に、すぐに他科やより上の指導医達によるフォローができる点にあります。

しかし歯科医師が、開業医に比べて技術的に優れていると言うわけでもなく、経験の浅い者もまた多いのです。

開業医は逆に全ての診療をこなします。細かいメンテナンスや口の中全般の予防・トータルな考え方では勝ると言えます。
技術的にも最新の治療・材料を扱うことも可能です。

開業医は広い意味でのスクリーニング・つまり必要がある患者さんを選択し、より専門的な機関に送り出すとも言えます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

アバター

ID非公開さん

2005/1/2803:31:44

普通大学病院はそういう開業医でできるようなのは扱わないですね。
最初から断る所もあります。

大学病院は開業医で抜けないような親知らずとか、インプラントとか、合併症があるとか、癌とか、困難な症例が中心です。

ちょっとした事で大学病院に行くと混むだけなのでやめましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる