ここから本文です

株で儲かるのは10人に1人とよく言いますが、それは、「ちゃんと勉強した10人」なの...

nak********さん

2009/6/1512:19:32

株で儲かるのは10人に1人とよく言いますが、それは、「ちゃんと勉強した10人」なのですか?それとも「勉強した人と勢いだけでやってる人も含めた10人」なのですか?

閲覧数:
578
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nan********さん

2009/6/1515:30:38

こんにちは

確かに…根拠があるとは思えないですよね。
貴方と同様、疑問に思うような例えの一つだと思いますね。

昨年の様な大きな下げ相場なら、「ちゃんと勉強した10人」でも一人も儲かってなくて100人に一人位だったかもしれないし、今の様なトレンドなら逆にランダム(勢いだけでやってる人も含む)に見積もっても二人に一人が儲かってるかも知れません。

条件が漠然とした曖昧な表現ですね。

この様な基準(クリテリア)が何だか分からない表現は、アナリストでも平気で使いますから、いい加減なものです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dar********さん

2009/6/1517:04:58

10人に1人という俗に言われる個人投資家の儲かっている人?(生き残れている人と言うべきか)を額面通りに杓子定規に捉えてしまうとすれば投資歴が浅い人、そういう事であると言うだけの事だと思いますよ。
相場の世界なのですよ?
日経平均株価一つを過去の20年でも10年でもよいので一年毎の水準の変化の変遷を追ってみれば簡単に理解出来ると思うんだよね?
指数として物凄い変動がある、例えば一年で数十%も下げている、この様な年であれば「買い」で常に参加していた様な個人投資家はほぼ全員物凄い損失が発生していると言う事なのです。
平均株価と個々の銘柄による損失はそのままシンクロはしませんよ。
個別銘柄の損失割合の方が遥かに高いと言う人達の方が多い筈です。

10人に1人はあくまでも一番身近の一番判り易い数字で喩えた例、それだけの事です。
現実には1000万人がいれば900万人が損していると言う話ではありません。
逆に1000万人が個人投資家として市場に参加しているとして800万人位の人達が利益が出てしまう年もあるのです。
それが過去25年位のスイパンで言うのであれば「バブル当時の市場」ではあったであろうと推測されます。
問題は株式に限りませんけれども、相場の怖ろしいところは「千変万化する場所」であるという事です。
劇的なる前年とは打って変わってしまう様な市場環境に180度も変わってしまった場合に、その1000万人の参加者の中で、その激変に対して対応出来るであろう人達はおそらく10%位しかいないと思われます。
後の90%の人達は死ぬだけでしょう。
毎年全然違う相場環境がある、そして上昇する方向に激変であれば問題はないのですが、下落する方向に激変したときに対応出来ない人達が実に多い、そこで殆どの個人投資家は死ぬ、そういう意味です。
単に現物買いだけをしているから環境の激変=下落方向への激変に対応出来ないのだ、信用取引をしていて空売りを出来ればよいだけではないのか?この様な単純なお話でもありません。
両方向をいつでも自由自在に瞬時に切り替える事が出来る様な器用な人が少ない、そこが問題だと思うのです。
勉強をすれば勝てるとか、不勉強であっても勢いだけでも勝てている様な人もいるではないか?が重要ではないと思うのです。
本を100冊も200冊も読んでも勝てない人は沢山いますし、本等はほんの10冊も読まずにポイントを理解していて勝ててしまう人も現実にはいます。
勉強をしても勝てない人と言うのは、現実の相場の中で学んだ事を、要するに血をたくさん流しても学習しない人ですし、沢山血を流せば流したなりに本人だけの何かしらの教訓とかコツを会得する回数が増えていく人が勝てる人というものでしょう。
人間にも環境の激変に即座に対応出来る人と、全然対応出来ない人が物凄い数で存在している筈です。
パソコンにおけるVistaが出てVistaになじめずにXPにダウングレードしてしまう人等は100%相場で言えば死ぬ人達に分類出来ると断言出来ると思いますよ。
頭が良い、悪い、とかの単純なお話でもありませんし、勉強を沢山した人が勝てるという単純なお話でもありません。
毎年毎年全然異なる市場環境と市場の反応に対する理解度と何を選択する事がベストか?を理解出来て最短距離で実行出来る人だけが生き残る事が出来る場所、そして総合すると10%いれば良い方であろう、それを単に10人に1人で俗に言っているだけの事でしょう。

soc********さん

編集あり2009/6/1517:01:27

あまり関係ないでしょう。
ただ、新聞、ニュースをしっかり見て、現在の状況の把握は必要じゃないですか?

単純に考えて、基本中の基本で現物買いで安く買って高く売る・・・
これができている人は儲かると思いますよ。

信用取引をするということは博打ですから・・・
欲があるひとですから、それなりにリスクを抱えながら取引しているでしょう。
そして、資金がつきれば退場していくでしょうし・・・

欲を出さずに少なめの利益・・・
これが一番儲かるパターンでしょうね。

fut********さん

編集あり2009/6/1518:56:46

市場参加者の1割が儲かっているという意味で10人に1人が儲かるわけではありません。
損する人は資金が尽きて退場しますから。実際は万人に1人ぐらいです。
機関投資家が儲けてると考えは妄想です。山一證券は株で大損して廃業しました。
朝日生命は損益分岐点が日経平均14000円です。現在は減損処理して会計上は10000円ぐらいになっていますが。

ちなみにVistaよりXPを使い続けるのは。XPの方が処理速度は速いからです。遅くなるGUIなどいらね。本質を見抜けない奴。

pse********さん

2009/6/1515:22:16

国内外の機関投資家が利益をさらっていきますから、
素人はなかなか勝てません。10人に一人とは正確に
10%と言う意味ではなく、ほとんど勝てないと言う意味です。

usu********さん

編集あり2009/6/1516:58:46

むしろ「ちゃんと勉強した人」ほど頻繁に取引を行うでしょうから、成功率は長期のホルダーよりかなり低くなると思います。生兵法は大怪我の元ということですね。

http://www.toushin.or.jp/info/news071121.pdf#search

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる