ここから本文です

消費者のモニター調査において、消費者の実体験(経験)による意見・感想の結果を...

aya********さん

2009/6/1718:59:04

消費者のモニター調査において、消費者の実体験(経験)による意見・感想の結果をそのまま広告に用いてもよいのでしょうか?

補足なにか違反になったりするのですかね?
よくTVでは、「個人の感想です」みたいな表示ありますけどこれは法律で義務付けられているものなんですか?

閲覧数:
432
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ara********さん

編集あり2009/6/2501:15:39

広告に用いるのは全く問題アリマセン。それを前提としたのがモニターであったりします。

>「個人の感想です」みたいな表示
サプリメントや化粧品の類で見かけるのは、薬事法と言う法律で、認可された医薬品では無い品物は、効能などを業者が謳っては(宣伝しては)いけないという決まりになっているのですが、『一個人が発した感想』としてあれば問題ないことになっています。
逆に、業者が『個人の感想』を省いて宣伝した場合は、薬事法違反となります。

運動器具や頭を鍛えるゲームなどの場合は、薬事法とは関係ないものの、自主的に同様のテロップを入れています。
ただし、根拠や実績が無いにも関わらず、効果のあるように表すと、景品表示法違反の「優良誤認」に引っかかり、公正取引委員会の排除勧告の対象となります。

【追記】
義務づけの根拠もアリマセン。
補足ですが、
サプリメントや食品の宣伝で『(飲んだら)血糖値が下がりました』とか『ガンが小さくなりました』と出せば、医薬品ではないのに“クスリのように効能を謳って宣伝している”と見なされて薬事法違反となります。CM抜きで、どっかの店や通販で売られている場合もです。

しかし、『個人の感想です(効果は保証されないとか、宣伝ではないことを含みに入れている)』の文字を挿入すれば、“個人の体験談を宣伝内でコメントしているだけ”なので、法律的にはスレスレになるのです。

薬事絡みではないものの例として、「コレ一本でどんなこびり付きも落ちる洗剤」として売ったモノが、「汚れが落ちる」根拠に値しない成分で構成されていて、『汚れが全然落ちない』という場合は、景品表示法の「優良誤認」にあたり、公正取引委員会が販売者に警告や排除・是正命令(真実の情報に置き換えな、と言うモノ)を出します。

これも「個人の感想です」とあれば、裏を返して『ケースによってはこの通りではありません』と言う意味合いになるのでスレスレになります。ただし、全く効果が無い作りなのにデタラメを言って勧めたり、根拠となる実績を捏造した場合は、詐欺の疑いも出てきます。
テレ朝が作った通販番組で宣伝した「ロデオボーイ2」に対する警告(出演者全員が一気に減量した訳でもないのに、そのような宣伝をした事)なんかが良い例です。

後は検索して調べて下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる