アンケート一覧ページでアンケートを探す
新機能 AI回答テストを実施中! テスト対象カテゴリ:歴史・悩み相談 ※回答がつかない場合は、画面のリロードをお試しください

回答(4件)

離婚時の資産の分割と慰謝料というのは別の次元と考えますから、 夫婦で築いた財産で夫が稼いだ資産は妻が半分引き継ぐという点は慰謝料ではありませんから、慰謝料0という次元は当然存在します。 慰謝料という言葉は相互いずれかが夫婦関係上の不貞行為を働いたなどに対して請求されるものであり、資産分割上では出てこない用語です。 離婚の要因はさまざまです。他人同士が1つ屋根の下でくらしますから、当然価値観の相違もでます。大概は子供がいるなどの制約がありますから、価値観の相違のような個人的なものは表面にだすことはできないですね。 お話が最初にもどりますが合意のもとで離婚するなら、慰謝料というものは 存在しません。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

慰謝料は「民法上の不法行為があった」場合に発生するものなので、そのような不法行為が無ければもともと発生しないし、発生したとしても請求する手間暇を考えたら「別に無しで良い」と言うこともあるでしょう。

多いですよ,元々発生しないケースがあるし長引く揉め事を避けて諦めるケースもあります。

双方が慰謝料を求めないのなら当然0です