アンケート一覧ページでアンケートを探す

回答受付が終了しました

バッテリーが膨張する原因の化学物質の反応を教えてください。

化学26閲覧

新機能 AI回答テストを実施中! テスト対象カテゴリ:歴史・悩み相談 ※回答がつかない場合は、画面のリロードをお試しください

回答(1件)

一般的なリチウムイオン電池(リチウムポリマー電池(リポバッテリーでも近い構成であり、電解質のみがポリマー))では、正極材にコバルト酸リチウム、負極材に黒鉛、電解液に有機溶剤を使用しこれにLiPF6の塩を溶かしたもの、ケースにはアルミラミネートフィルムを用いたラミネート型電池や金属缶ケースを使用した角型電池などです。 劣化により充放電量が少なくなったバッテリーは利用時間が短くなるなど性能が低下します。また、劣化などにより状態が不安定になったバッテリーは内部の電解液が気化し、バッテリーパックの膨張を引き起こす原因となる場合があります。 タブレットに使われるリチウムイオン電池は、充電と放電を約500回繰り返すと性能が低下し始めると言われています。毎日1回充電するなら1年半程度で寿命が来る計算です。 リチウムイオン電池のガス発生のメカニズム(原理)としては、 大きく分けて機械的な要因がトリガー(きっかけ)となる場合と電気的な要因がトリガーとなる場合に分けられます。 この解説は、下記参照です。 https://kenkou888.com/category21/%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E9%85%B8%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0.html

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう