賃貸物件で内覧時に今の状態でエアコンの取り付けが可能と言われて入居日にエアコン取り付けに業者が来た所、

エアコン、空調家電 | 不動産151閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(6件)

電気設備ですから大家負担となります。 ただ、やってくれるかは別ですね。 設備して、退去時原状復帰させられるかと言う問題もある。 大家と話し合い,折半するというところでしょうか。

コンセントはあるけど専用コンセントじゃないからダメと言われたのであれば電気屋の事情ですね。 エアコンダクト用の穴が空いていればエアコン設置自体は問題ないはずですよ。 100Vなのに200Vを買ってしまったとかであればあなたの過失ですが・・。 >>それはお客さんの確認不足もあるので費用はお客さん自身でお願いしますと言われてしまい これは不動産屋にも過失があると認めているコトになるので一部でも費用負担してもらいましょう。そのための仲介業者で、仲介手数料ですから。

量販店でも1万円くらいで電源工事もしてくれますけどね。 大家が負担する法的義務はありません。 あなたがエアコン付けるならあなたが負担するしかないと思いますけどね。 何で今時、エアコンも無い物件なんか選ぶの? 私も大家ですが、生活保護者に貸す部屋もエアコンとウォシュレット、Wifiも付けてますよ。

賃貸的にはエアコンを設置できる状況、冷媒管用の壁のスリーブ、室内機用の壁の補強があれな、設置可能と言えます。 専用回路がじゃなきゃダメといってるのは賃貸的な問題ではなく、電気屋サイドの話です。 専用回路があれば望ましいのは事実ですが別に既存の100V コンセントを延長して使っても何も問題ありません。 200V用を設置しようとしてるならそれは完全に確認不足です。

専用コンセントを設置しなければならない、という法律はありません。 あくまで電気屋の判断になります。 量販店などと提携していたりする電気屋は取付を拒みますが、個人の電気屋、ジモティなどで営業しているところは取り付けてくれます。 もちろん自己責任ですが。 不動産屋は関係ないです。電気屋の問題です。