ID非公開

2023/6/15 20:55

33回答

確定申告の要否、贈与と所得の判断基準について

税金59閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非公開

質問者2023/6/15 21:29

ご回答ありがとうございます 追加で申し訳ないのですが、 どういった判断で所得税になるのでしょうか? ぶっちゃけた話、税務署はどういった経緯でお金を受け取ったかわからないと思うので贈与として考えてしまってもいい様に思ってしまうのですが… よくない考えだと思いつつも、純粋に疑問なのでお答えいただけたら幸いです

その他の回答(2件)

役務提供の対価だから所得税の雑所得に該当する。 確定申告の義務は所得金額による。 所得金額の計算にはデータが足りない。 よって、確定申告が必要か否かの判断も不能。

労働の対価であれば 雇用契約があれば給与 なければ報酬 「感謝の心を表した金品などのお礼」 であれば対価ではない これは謝礼 この謝礼も所得税の対象であり 贈与ではない