アンケート一覧ページでアンケートを探す

回答受付が終了しました

法律(民法だと思います)の言葉などについて質問です。お願いします。 民法の不法行為への損賠請求権は、 相手と損害を知ってから3年が時効だという情報を見ました。 (疑問)

法律相談43閲覧

新機能 AI回答テストを実施中! テスト対象カテゴリ:歴史・悩み相談 ※回答がつかない場合は、画面のリロードをお試しください

回答(2件)

最高裁昭和48年11月16日判決より、不法行為724条の定める「知った時」とは、 「加害者の氏名及び住所を知った時」とされています。 なお、相手に居留守されると相手の住所に訴状等が届かないため、その場合は付郵便送達や公示送達によって相手に送達されます。

有難うございます。 ある情報で、 「探偵や業者などを使えば、住所など加害者の情報を知ることができた状況だったなら、加害者を知っていたことになる」というような情報を見たことがあるので、気になりました。 そこで、 以下のことを知っていれば、もしかして、相手を知っていたと解釈される?と疑問を持ちました。 以下を知っている状況だと、相手を知っていたと解釈されるのでしょうか? ・氏名 ・年齢 ・住所などの複数の拠点について、この地域だろうという推測情報 (複数の拠点のどちらも、町名や番地や建物などの具体的な情報は全く知らない) ・出身大学 ・勤務先←しかし、この会社は、訴状送達のときに「あてどころあたらず」で送達できなかった。 ・相手の銀行口座(支店名や口座番号を含める)