アンケート一覧ページでアンケートを探す

回答受付が終了しました

たるみ防止のためのメンテナンスについて。

美容整形265閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

新機能 AI回答テストを実施中! テスト対象カテゴリ:歴史・悩み相談 ※回答がつかない場合は、画面のリロードをお試しください

回答(1件)

どちらも一度は経験してご自分に合う施術を定期的に行うのがベストだと思いますが、私の経験から糸リフトよりウルトラフォーマーⅢ(ハイフ)を3ヶ月~半年に1度あてる事をお薦めします。 糸リフト(2年位溶けない糸)を両頬3本ずつと半年で溶ける糸を3本ずつ入れたことがありますが、リフト効果は3ヶ月位で消えました。高額でしたが頬のもたつき(ブルドッグ)はすぐ戻ります。 しかしコラーゲンが出るので肌はワントーン明るくなり極めが細かくなり、この状態は人によりますが1年半位は持続するのではないかと思います。 溶ける糸が2年、3年と残っているからといって引き上げ効果も2年も3年も続くわけではないことを自身で感じました。 それに麻酔をしても挿入時、耐えられるとは思いますが痛いです。 ハイフは、糸リフトとほぼ同じ効果が得られるので私は痛みの少ないハイフ(ウルトラフォーマーⅢ)を定期的にしています。 ハイフもサーマクールも顔が痩せるとかコケるとか、よくネットで見かけますが脂肪溶けてなくなる事はないと思いますけど。ハイフは、ほうれい線が薄くなり、マリオネットラインのたるみはすっきりします。かなり引き締めを実感でします。たぶん糸よりも。これは体験からの事実です。 ※13年前から数年間はサーマクールを一年に1度していた経験から、サーマクールも顔が痩せて一回り顔が小さくなることはなかったですし、当時は値段のわりに引き上げ効果も低かったです。今はわかりませんけどウルトラフォーマーⅢの方が安いのでお薦めです。 ご参考まで。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう