アンケート一覧ページでアンケートを探す

イスラム教の強い国ではLGBTに否定的な人が多いようですが、宗教的に理由があるのでしょうか

宗教89閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

新機能 AI回答テストを実施中! テスト対象カテゴリ:歴史・悩み相談 ※回答がつかない場合は、画面のリロードをお試しください

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(1件)

イスラム教において、LGBTに否定的な人々の主な理由は、宗教的な信念に基づいています。イスラム教の教義や聖典であるクルアーン(コーラン)や聖典以外の教義に基づいて、LGBTの関係や行為は禁止されていると解釈されています。 イスラム教では、人間の性別は神によって与えられたものであり、神の意図に反する行為は罪と見なされます。LGBTの関係は、男性と女性の結婚という伝統的な家族概念に反するものとして、イスラム教法学者によって一貫して解釈されてきました。 この解釈に基づいて、イスラム教徒の一部は、LGBTの関係や行為を道徳的に否定的であると考えています。また、一部の国や地域では、宗教的な理由からLGBTの性的指向に基づく差別や懲罰的な法律が存在することもあります。 ただし、イスラム教全体でLGBTに対する否定的な立場が支持されているわけではありません。一部のイスラム教徒や学者は、異性愛者と同様にLGBTの人々の権利を尊重すべきであるとし、彼らへの差別や暴力に反対する立場を取っています。宗教における解釈や信仰の多様性が存在するため、イスラム教徒の間でもLGBTに対する考え方は異なることがあります。