アンケート一覧ページでアンケートを探す

回答受付が終了しました

骨格筋率が高いとどのようなメリットがありますか? また10代後半〜20代前半の場合、何%くらいから高いと言えるでしょうか?

ダイエット、フィットネス | トレーニング39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

新機能 AI回答テストを実施中! テスト対象カテゴリ:歴史・悩み相談 ※回答がつかない場合は、画面のリロードをお試しください

回答(1件)

>骨格筋率が高いとどのようなメリットがありますか? 骨格筋率が高いということは、身体を動かすための筋肉の量(割合)が多いことを意味します。いちばんのメリットは、軽快に動けるということです。 また、運動時や安静時に使われるエネルギー量が自然と増えるため、骨格筋率が低い人よりも「太りにくい身体」であるとも言えます。 その他、筋肉量が多い人は体温(平熱)が高い傾向にあり、寒さに強い、熱中症になりにくい、免疫力が上がるなどのメリットもあります。 >10代後半〜20代前半の場合、何%くらいから高いと言えるでしょうか? <年代別平均骨格筋率> 20代:男性44%、女性39% 30代:男性37%、女性37% 40代:男性34%、女性33% 50代:男性31%、女性30% 60代:男性29%、女性26% 70代:男性25%、女性23% ★体組成計のモデルによっては筋肉量を計測できるものもありますが、その場合はメーカーによって計算方法が異なる点に注意が必要です。 某メーカーの体組成計は、筋肉でできている内臓の重さも筋肉量に含めて算出しています。体重から体脂肪量と骨量だけを除いた数値が表示されるため、他メーカーの体組成計よりも筋肉量が多くなって30kgに達するケースもあり得るのです。 <骨格筋率の計算方法> 体重(kg)×体脂肪率(%)=体脂肪量(kg) 体重(kg)−体脂肪量(kg)=除脂肪体重(kg) 除脂肪体(kg)÷2=筋肉量(kg) 筋肉量(kg)÷体重(kg)=筋肉率(%) 以上、ご参考まで。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう