ここから本文です

経理の諸会費の処理で、どういったときに課税か不課税はよく理解できません。 ど...

gre********さん

2009/7/2410:04:41

経理の諸会費の処理で、どういったときに課税か不課税はよく理解できません。
どなたかわかりやすく教えてください。お願いします。

閲覧数:
31,203
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dsa********さん

2009/7/2411:56:55

諸会費の消費税は、判定が困難な場合があります、とくに③が判定困難です。

①対価性がない場合
同業者団体の通常の業務運営のために経常的に要する費用を賄い、団体の存立を図る通常会費や入会金 → 不課税

②対価性がある場合
物品の購入費用、研修等の受講費用、割引販売や情報提供を受けるための費用 → 課 税

③対価性の有無の判定が困難な場合
支払う相手の同業者団体の処理に合わせる ⇒ 不課税処理 → 不課税
課税処理 → 課 税

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる