アンケート一覧ページでアンケートを探す

回答受付が終了しました

公道に生えている草木について すれ違いの難しい細い道路を走行中、すれ違いの時、民家の草木が道路からはみ出しており、そのままぶつかってしまいました。

画像

交通事故42閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

新機能 AI回答テストを実施中! テスト対象カテゴリ:歴史・悩み相談 ※回答がつかない場合は、画面のリロードをお試しください

回答(1件)

自己責任。 道路には車やバイクや自転車などが止められてたりして色々な障害物があります。 通れない時は止まって相手が通り過ぎてから通るのと同じで、植木がはみ出してても通れないと思えば止まればいいです。 通れると思って通過してキズが付いたなら、それは通れると判断した人の責任になります。 ただ、そのはみ出した植木が道路を通る人の危険になると思えば、道路管理者や市役所などに言えばいいです。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

まず道路法第43条にて みだりに道路を損傷し、又は汚損すること。みだりに道路に土石、竹木等の物件をたい積し、その他道路の構造又は交通に支障を及ぼす虞のある行為をすること とあるので、道路に草木がはみ出してること自体が道交法違反になるのかなと思うのと 民法717条には 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない とのことなので、この場合土地の所有者、または占有者(この場合民家の所有者および市道の管理者)が賠償責任を追うのではないかと思うのですがどうでしょうか。