ここから本文です

戦国時代の大名毛利家が中国から近畿地方まで領地を拡大していればどういう歴史に...

mag********さん

2009/7/2716:02:57

戦国時代の大名毛利家が中国から近畿地方まで領地を拡大していればどういう歴史になったと思いますか?

閲覧数:
362
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oomesiguraiさん

2009/7/2805:57:48

まあ、出る杭は打たれるの論理で
信長、秀吉、家康の誰もが警戒して、
遅かれ早かれ滅んだでしょう。
10数ヶ国を領有する大大名など、危険極まりない存在です。

ちなみに、毛利自身が天下を取るつもりはなかったようです。
そういう構想も準備も覚悟もしていた様子がありませんから。

元就も晩年はそのあたりのことについて再三、一族に警告していますから。
領土を拡大しすぎたら滅びる、毛利一族の存続を第一に考えよ、と。

いくら領地を広げたって、その統治が大変ですからね。
現に、秀吉と戦っていた頃の毛利は、兵は多くても
旧大友、尼子領の年貢、段銭の徴収がうまくいかなくて
軍事費の捻出に苦労していたようですから。
収入は安芸一国と、石見銀山に頼り切っていたようでした。

ていうか、元就の死後数年経った頃には、
毛利は今の兵庫県南部、京都府北部まで進出していますよ。
石高にして350万石相当。
軍事侵攻による領土の接収ではなく、地元の豪族の調略ですが。
で、織田の勢力と接触したから戦いが起こったわけで。
まあ、それだけじゃなくて様々な事情があるけど。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gjf********さん

2009/7/2801:26:26

平清盛みたいに滅亡しただろ。

山名、大内、陶、尼子、そして毛利。

中国地方を制圧した大名はみんな滅んでいる。

よって、毛利元就は、天下を望むのは危険と判断していたようだ。

宇喜多は、滅んだが。

やしろさん

2009/7/2722:04:13

歴史にifは禁物ですが、恐らくは秀吉、あるいは家康に敵視され、滅亡したことと思います。

北条氏のように「大きすぎる大名」は、時の政権にとって、危険な存在ですから。。。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる