回答受付が終了しました

Jアラートでなんで避難しなくちゃならないんでしょう?

回答(12件)

ID非公開

2023/11/28 17:56

同感です。 Jアラートは、弾道ミサイル攻撃の可能性があることを、国民に迅速かつ確実に伝えるためのシステムです。したがって、避難を促すことが目的のひとつであることは間違いありません。 また、日本には、アメリカからTHAADを導入するなど、弾道ミサイル防衛体制を強化していますが、それでも100%の防御は不可能です。 そのため、もしもミサイルが着弾した場合、その被害を最小限に抑えるために、国民に避難を促すことは、必要な措置であると考えられます。 しかし、質問者のおっしゃるように、ガザやウクライナの事例からもわかるように、頑丈な建物や地下への避難も、必ずしも安全とは限りません。 そのため、避難を促す際には、そのリスクについても、国民に十分に周知しておく必要があるでしょう。 また、防衛費の大幅増額を正当化するために、危機感を演出しているのではないかとの指摘については、可能性は否定できません。 しかし、仮にそうであるとすれば、それは国民を不安に陥らせ、防衛費の増額を受け入れさせようとする、政府の不誠実な姿勢であると言わざるを得ません。 いずれにしても、Jアラートの目的や、避難の必要性については、国民が十分に理解した上で、冷静に判断することが大切です。 ※この回答はGoogle AIのBard LaMDA v2.0で作成されており、最新の情報や完全な正確性を保証するものではありません。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

Jアラートは「国民保護情報」と言うんだそうです 国民保護という名前がついていますが、アラートを鳴らすだけでは何も保護していることには成りませんよね、国民は自分で避難場所を見つけて自分の身は自分で守らなくてはならないからです 国民保護というからには、そのための「安全な避難場所」と「避難訓練」というものが必要なんですよね でなければ「保護した事」には成りません しかも、Jアラートが鳴った時に、数分以内で避難できる頑丈な建物や地下施設が目の前に有るなんていう幸運な人は、大都会のほんの一握りの人だけで、全国の日本人の99%くらいの人達にとっては「ミサイルから身を守れる安全な避難場所」なんてありませんよね こんな状態で、ただアラートだけ鳴らされても何の意味も無いのは火を見るよりも明らかな事です では、無駄だと知っていながら、なぜ政府はJアラートを鳴らすのでしょうか?

じゃあ例え話で聞きますが、 性能の言い自動ブレーキがあるからぶつかりそうになる車を避けなくていいんですか? 本題に入ります。 頑丈な建物に避難しても無駄? 本当にそうでしょうか? 頑丈なビルが10建ってたとします。 その内の1つに直撃しました。 避難した人も即死です。 しかし、他の9つのビルに避難した人は爆風や破片にさらされずに無傷でした。 避難しなかった人は爆風や破片で死傷しました。 こんな具合になるでしょう。 地下で埋められる話も、直撃でない場所の人は助かります。 避難指示は間違っていません。

では、わたしも例え話をしましょう Jアラートが発令されて、あなたの目の前には10棟の頑丈そうなビルが建っています、そのどれかに避難しようとするんですが、運が悪ければ、あなたが非難したビルにミサイルが飛んできてしまいますが、前もってどのビルに着弾するかは、あなたには分かりません ミサイルが直撃ならもちろん死んでしまいます、たとえとなりのビルに着弾したとしても、その衝撃で天井や壁が崩れて下敷きに成る確率も高いかもしれません あるいは、運が良ければ、あなたの避難したビルから遠く離れたビルへ着弾して、あなたは無傷かもしれません また、ビル内に避難してしまうと飛んで来るミサイルは見えませんから、ビル内でただジッとしているだけですが、屋外に居れば飛んで来るミサイルが見えるかもしれませんし音も聞こえます、ミサイルの方向が分かりますから咄嗟に物陰に身をひそめて難を逃れることも出来るかもしれません

まあ、質問者さんの言うこともわからんではありませんけど、仮に政府が何もしなかったら、それはそれで大問題になるわけですよ。「国民に危機を知らせなかった!」とマスコミや野党が食いつくことは明白。そうなるくらいなら「こういうことをしてますよ~」と事前にアピールしておくのですよ。なので、政府からしてみれば逃げるも逃げないも知ったこっちゃないのですよ。こっちとしてはやるべきことはやってるからねということです。

ということは、つまり Jアラートは政府の為に鳴らしているのであって、国民の為ではないということですね やっぱり、Jアラートは「防衛費の大幅増額が必要だよ」「そのためには増税が必要だよ」という政府の宣伝の為に鳴らしている公算が大きいということでしょうかね Jアラートの別名は「国民保護情報」と言うんだそうですが、確かにJアラート鳴らすだけでは何の保護にも成ってませんよね 国民保護と言うのなら、最低でも「安全な避難場所」と「避難訓練」が必要でしょうが、何もありませんからね

そうですね。 大騒ぎする理由は、危機感を演出することによって、 防衛費の大幅増額を正当化して、 国民に防衛増税を認めさせる大チャンスということですね。

増税までしてアメリカの軍需産業のために、日本国民の税金を注ぎ込まないといけないなんて 日本政府は一体どんな密約束をアメリカと交わしているんでしょうね?

AN/FPS-108 COBRA DANE は、アラスカ州アリューシャン列島のシェミア島にあるエレクソン航空基地034.7 Unnamed road, Shemya Island, AK, アメリカ合衆国 コブラデーンの射程距離はどれくらいですか? 3,000マイル(4828.032キロメートル)離れたところ から直線距離で 台湾台東まで約3034.7マイルなので 沖縄県は全部3000マイル以内になり コブラデーン レーダー システムに入ると思うのですが 沖縄県にはAMERICA基地もあるので そのへん空から何が落ちてくるかわからないので しかも夜間の場合は火災等も考えられるので 念のため机の下かな? Alaska州の人達は火山や地震などの自然災害は別にして シェミア島は越せないだろうと考え AMERICAの国防総省は、コブラデーン レーダー システムの運用、維持、最新化に 2 億 7,800 万ドル以上を投資予定らしいので 当たり前じゃんと思っているらしい。 だだし 米国に向かう少数の大陸間弾道ミサイルを撃墜することが本来の目的。 ゆえに 沖縄県は日本でアメリカではないので ただコブラデーン レーダーを閲覧しているだけ((´∀`))ケラケラだったりして 日本とアメリカの契約が判らないので断定はできません。 書簡はどうなっているのですか? 日本の空母は実戦経験?ないらしいので、実践練習があまりないらしい。??? 沖縄県を守るのは微妙に無理かも…コブラデーン レーダー システム分追加で マネーというかもしれません。

画像

たった1発の弾道ミサイルですから、コブラデーンレーダーシステムが迎撃システムにミサイルの正確な飛来データを送ってくるのだとしたら、広範囲にJアラートを発令する必要もありませんし、広範囲の国民が避難する必要も無いってことに成りますよね