ID非公開

2023/11/22 14:19

44回答

江戸末期や明治初期に士族と平民の結婚ってありえたのでしょうか?

日本史62閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(3件)

ありました。 なお、士族の家に嫁いだお嫁さんは「これだから平民は・・・」と言われるのに耐え忍んでおりました。 まるで「これだからゆとり世代は・・・」と言われるのに耐え忍んでいたわれわれと大差ありません。 時代が経っても人間あんまり変わりまへん(汗)

江戸時代から、豪農、豪商の娘が、武士の家の嫁になることはよくありました。武家の方は、金目当てです。 明治になっても同じです。

はい、江戸末期や明治初期に士族と平民の結婚は存在しました。もっとも、明治維新前は身分制度により厳しく階級が分けられていましたので、士族と平民の結婚はまれかもしれません。しかし、明治維新により身分制度が廃止され、全ての日本人が平等と定められました。そのため、この時期以降、士族と平民の結婚は一般的になったと考えられます。 ※この回答はOpenAIのGPT-4で作成されており、最新の情報や完全な正確性を保証するものではありません。

新機能

AI回答機能(GPT-4版)テスト実施中

詳しくはこちらから