回答受付が終了しました

ゴジラ-1.0に出てくる戦艦と駆逐艦は実際のモデルがありますか?

ミリタリー770閲覧

回答(6件)

重巡洋艦高雄をはじめ対ゴジラ戦に駆り出されていた駆逐艦四隻、陽動で全滅していた部隊の駆潜艇(対潜水艦の戦闘艇)も実在の艦船です 駆逐艦のうち吉岡佐々木も乗り込んでいた雪風は幸運艦として特に高名で様々な作戦に従事しながら生き残りました、戦後は復員船として活躍して1万人以上を本土に送り届けます、その中には若き日の水木しげるもいました、その後は中華民国に引き渡され丹陽と名前を変え中華民国海軍の旗艦も務めることになります 65年に退役後日本側が台湾に返還を要請しますが田中内閣の日中国交正常化などの影響もあって実現しませんでした ほかは三隻は三度大きな損傷を受けながら沈まなかったこれも幸運艦として名高い響のほか欅に夕風です 夕風は峯風型駆逐艦の十九番艦ですが、終戦時生き残った姉妹艦四隻のうち三隻は練習艦や悪名高い回天搭載艦に改造されていた為唯一竣工時の姿のままでした 熱線を吐かせる囮に使われたのは欅と夕風の二隻です 因みに米軍のクロスロード作戦が作中にチラッと出てきますが標的艦として沈められたのが戦艦長門と軽巡洋艦酒匂です 長門は大和が存在を秘匿されていた為に日本国民とっては海軍の象徴でした アメリカは旧型とはいえ空母サラトガとインディペンデント、戦艦四隻も実験に使っており国力の絶対的な差を感じます

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

戦艦じゃなくて重巡洋艦ね。高雄。当時の日本艦で確かに稼働可能な大型艦はアレぐらいだったでしょう。*確かシンガポールに置かれてた。 駆逐艦は特型駆逐艦響と陽炎型駆逐艦雪風、他2隻。*戦時量産型だったはず。響と雪風は幸運艦と言われた艦ですね。まぁ、単に幸運ってだけでなく乗組員の練度が非常に高かったから生き残ったんですが(運要素もあるにはある)。 *生き残るどころか無傷で帰ってくるからすぐ次の任務に出される、無傷で帰ってくる、すぐ次に、の便利使いされたので練度が上がる上がる。実戦で鍛えられた猛者たち。*あまりに乗員の反応がいいから命令を出す艦長とか幹部の負担が半端なかったとか。 雪風は確か1960~1970年代ぐらいまで台湾海軍の旗艦やってましたね。丹陽と名前を変えて。

長門など戦艦は無かったと思います。 出てきたのは重巡洋艦の高雄や駆逐艦の雪風、夕風、響、欅など終戦まで実在した艦艇で、現実には戦後に処分されたり賠償として他国に引き渡されたりしています。

実際のモデルは戦艦ではなく巡洋艦高雄、シンガポール修理中終戦を迎え降伏した日本軍の事務所となっていました、史実ではその後現地で自沈処分されています 駆逐艦は雪風と響の2隻が一番写ってます、雪風は台湾、響はソ連に賠償艦として引き渡されました 一応史実で生き残った艦艇を選んでます(高雄は航行不能だけど)