ID非公開

2023/11/25 14:33

33回答

日本で住んでいます は間違いで、 日本に住んでいます ですね。 でも、 日本に働いていますと書いたら間違いで、 日本で働いていま だと言われました。

日本語86閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

文殊菩薩さん、勘違いされていませんか?文殊菩薩さんの分類ですと、「働く」は継続動詞ですから、「…に働いている」となりますが、実際は「…で働いている」と表現します。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2023/12/1 8:35

その他の回答(2件)

【後ろに続く動詞に違いによる】 a.「場所+に+状態動詞・継続動詞」 b.「場所+で+瞬間動詞」 の形をとり、「住む」は状態を表す動詞だから「で」は使えない。 一般的に、状態動詞は「~ている」という形にならない、継続動詞は「~ている」の形になり「動作の進行中」であることを表すとされています。 「住む」は状態を表す動詞であると同時に、継続動詞の特徴である「住んでいる」ということもできますので、どちらに分類するのか難しいので、上記a.のように分類すればある程度説明できるのではないかとも思いますが、【文型による】説明のほうが無難に感じます。 ≪金田一春彦氏の動詞の分類≫ ①状態動詞:状態を表す。「~ている」の形にならない。 ‥‥‥ある、いる、(可能の)できる、要する、値する、など。 ②継続動詞:ある時間内続いて行われる種類の動作、作用を表す。「~ている」の形になり、 「動作の進行中」であることを表す。 ‥‥(1)人間の動作を表すもの:読む、書く、笑う、泣く ‥‥(2)自然現象を表すもの:散る、降る、咲く、など。 ③瞬間動詞:瞬間に終わってしまう動作、作用を表す。「~ている」の形になり、動作、作用が終わって、「その結果が残っている」ことを表す。 ‥‥‥死ぬ、(電気が)つく、消える、触る、届く、決まる、 見つかる、始まる、終わる、など。 ④第四種の動詞:時間の観念を含まず、形容詞のようにその物事の様子、性質、形状、印象を表す。常に「~ている」の形で用いられる。

http://nihongonosekai.seesaa.net/article/432018523.html 「で」は「動作」の場所を表す。 「に」は「存在、習慣」の場所を表す。 上記のように、「に」には「存在の場所」以外に、「習慣の場所」を表す用法があります。 動詞に注目してみるとそれがわかります。 「働きます」=働いている動作を表す。→動作なので、「会社で働きます。」 「勤めます」=習慣的にそこで働いている。→習慣なので、「会社に勤めます。」 他にも、習慣の場所を表す動詞は多くはないですが、「住む」もそうです。 「この家に住みます」となりますね。 これと意味は似ていますが、「生活します」は動作をあらわすので、「この家で生活します」となります。 このように、動詞の性質を考えてみると、場所を表す「に」と「で」の説明ができますね。

「存在」「移動(方向)」を表す動詞の場合は「に」を使い、その場所で何かをする場合は「で」を使います。例えば 日本にいる。(存在) 日本に住んでいる。(存在) 日本に行く。(移動) 日本で働く。 日本で生まれた。 日本で生活する。 などです。