最近言い訳をよくしてしまいます。

学校の悩み42閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(3件)

言い訳のメリット/デメリットを見直す事ですね。 言い訳、というのは『自分の失敗を口先でごまかした方が利益がある』と思った場合に利用されます。 本心ではそう思っていない、と反論したくなるかもしれませんが、とっさに出るという事は少なくとも『言い訳をした方が楽』だと感じているという事です。人は楽な方に流されがちですからね。 面白い事に、頭の回転が速い人ほど、相手を論破することができるので、その場をごまかす事に成功した体験から言い訳に頼るようになってしまうのですが、実はこれは『戦術的利益』しか見ておらず、『戦略的利益』を損失していると言えます。 『戦術』というのは、今この場の問題だけをしのぐ方法に関するテクニックの事です。 『戦略』というのは、『戦術』による対処が必要ないくつかの問題と、今後も発生するであろう問題を一連の流れとして捉えた時に、全体として最善の結果に導くためのテクニックの事です。 言い訳が成功した場合、『戦略』的には成功したと思っていても、実は相手には『こいつの言ってる事に反論はできないけど、状況証拠的には明らかにおかしい、筋が通っていない事はわかる』という疑念や不満を残す事になります。 そうして言い訳を繰り返していくうちに、『あいつは口ではもっともらしいことばかり言ってるけど、なんか付き合うと損ばかりするから関わるのをやめよう』という気持ちにさせます。 『戦術』的に勝っていたはずなのに、最終的に自分にとって損になるなら、これは『戦略』的には負けたという事です。 以上を踏まえ、どうすればいいかという質問に立ち戻りますが、今、あなたは『戦略的利益』が存在する事を知りましたので、あとはあなたの価値観で好きな方を選べばいいのではないでしょうか? 『戦略的利益』を取れる人間の方が上等だと思いますが、下等な人間として生きるのもあなたの自由です。 そして、その選択による利益を得るのも、不利益を被るのもあなた自身の責任です。

以下訂正。 誤:言い訳が成功した場合、『戦略』的には成功したと思っていても、 正:言い訳が成功した場合、『戦術』的には成功したと思っていても、

下手な言い訳は、確かに見苦しいのですが、神妙かつ必死になって指導を拝聴しているのに、一切何も伝わっていない徒労感よりはマシなんだと思っておいた方がいいのでは? 心配しなくても、指導をしても無駄だと思えば、指導することもなくなって見放されるので、言い訳をすることもなくなりますよ。