ID非公開

2023/11/27 18:13

66回答

学校でソ連崩壊を習ったんですけど、崩壊したときの当時の雰囲気は 「崩壊するなんてまさか!」って感じでしたか? それとも「あ~やっぱりか」みたいな感じだったんでしょうか?

世界史 | 政治、社会問題108閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんありがとうございました!

お礼日時:2023/11/29 19:22

その他の回答(5件)

私は、やっぱりかって感じでしたが、世間一般では、まさかって感じでしたね。

とうとう崩壊したか… と思いました。

まさかって思いましたよ。 でもベルリンの壁崩壊の方が驚きました。 自分が生きてるうちには実現しそうにないと思ってました。

ソ連崩壊の前に、ゴルバチョフ書記長のペレストロイカの時代があって、そのときにすでにロシアでは物不足で、経済が行き詰まったのが周知されていて、スーパーには空の棚が並ぶありさまで、配給に長い行列が並ぶということが、日本のワイドショーレベルのテレビで報道されていたので、崩壊そのものは、リアルタイムで見てましたが、別に驚きはなくて、むしろクーデターとか戦車が出動してたりとかなり急展開したということが一騒動でした。

アメリカが軍拡競争を仕掛けて崩壊を誘発したので、アメリカの偉い人からすると今か今かといった感じだったのでしょうが、一般人からすると衝撃そのものです。またソ連崩壊に先立ってドイツのベルリンの壁が崩壊した時も正に歴史の一ページを目の当たりにしていると誰もがニュースに釘づけでした。