ID非公開

2023/11/27 18:27

99回答

上野の貴金属店で強盗が入って、店員がさすまたで追い返したようですが、この際もしも店員が犯人を殺していたら何か罪に問われますか?

補足

店員が威嚇のつもりで誤って殺してしまった場合と、犯罪者だからどうなってもいいと殺意を持って行った場合では変わってきますか? あるいは、客あるいは通行人が加勢する形で、同様なことを行った場合についてもお尋ねしたいです。

法律相談 | ニュース、事件433閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

ID非公開

2023/11/29 12:30

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

一番わかりやすいです。

お礼日時:2023/11/29 21:15

その他の回答(8件)

ID非表示

2023/11/29 21:11

殺しても罪にはなりません

問われますね。過剰防衛です。 刺股で殺すには頭を叩き割るくらいしか無いですが、頭を狙ったら基本的に過剰防衛に問われるので、殺すつもりがなかろうが少なくとも「未必の故意」で殺人罪になります。

例えば 犯人が殺傷能力のない武器で 店員が殺傷能力のある武器なら 過剰防衛になる可能性が高い。

安心して下さい。故意と過失の違いは、法律で決められますよ。 当然、故意の量刑は重く成ります。 さすまたを持った店員さん、なかなかでしたね。 それにしても未成年者が愚かな犯罪者になるとは。一度登録すると、二度と抜けられなくなるのにね。 弱みを握られながら生きるって、自由が無いじゃん。何処が楽しいんだろう。

状況によるのではないでしょうか。 強盗犯が明らかに反抗する様子も無く、大人しく捕まろうとしている状況で殺してしまったら罪に問われますと思いますが(強盗は死んでも罪が軽くなったり無くなる訳ではない)、さすまたで押したところ、犯人が勝手に転んで頭を打って死んでも店員さんは逮捕されることはありません。 強盗をした時点で強盗はアウェー、故意でなく強盗を殺してしまったとしても店員さんは勇敢さを称えられるのが社会の構図です。