ID非公開

2023/11/29 6:59

44回答

国同士が仲良くしなければならない理由とは何でしょうか。 輸出輸入などで助けてもらうためですが、ほかにどういったもの が挙げられるでしょうか。

政治、社会問題 | 国際情勢61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非公開

質問者2023/11/29 8:42

ありがとうございます。

その他の回答(3件)

近隣の場合、利害関係の中でも得に軍事の話が大きく、 例えば、日本と韓国とか日本と台湾とかって、 本来なら北とか中国とかロシアとか、 ならず者国家がいる以上、 かなり仲良くしておくべきだが、 韓国は◯ホなんで仲良く出来ない。 少なくとも日本はしようとは努力はしたが、もう日本側ももう見限ってきてますから無理。 なら台湾とアメリカに頼るしかない状態。 国単位でも群れると、相手は喧嘩売り辛くなる。 これ集団安全保障とかって重要なんです。 ウクライナが仮にNATOに入ってれば、 今のような状態にはなってないって事です。

ID非公開

質問者2023/11/29 8:46

ありがとうございます。

外交状態として『親密状態』から『交戦状態』があります。 戦争にならないために、友好に努めるのは自然な流れです。 また『国家間に友好関係など存在しない。あるのは損得関係だけ』という言葉もありますが、諸外国に「日本と仲良くなった方が得だ。お互いwin-winでいこう」と思ってもらい、同時に「日本は技術とカネだけ利用すればいい」と思われないようにしていけば、結果として友好関係に近づくと思います。

ID非公開

質問者2023/11/29 8:46

ありがとうございます。

周辺国が何をしているか分からないような不安な状況であるよりは、友好関係を結んでおくのも安全保障のひとつと言えるでしょう。 輸出入にしてもその国の近くを通過するなどのことがあるでしょうし。

ID非公開

質問者2023/11/29 8:33

ご回答ありがとうございます。