格闘技をやっている方々にお聞きしたいのですが、試合の最中に、相手を言動や態度で挑発したり、又はそれを駆け引きなどで行う選手などは居ますか?

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました^_^

お礼日時:2023/12/5 19:07

その他の回答(3件)

立ち技系格闘技をしていました。 女です。 プロで試合もしました。 挑発行為「だったもの」はありました。 「だったもの」という表現を使ったのは、その行為が最初は挑発と分からなかったからです。 その相手の行為ですが、それは時折見せる股間を咄嗟に庇うような仕草でした。 私は長身細身で、相手はがっちりとした体型でしたが小柄な選手でした。 私は身体がしなやかで、キックを活かした技を得意としていました。 リーチの差もあって、1Rは相手をサンドバックのように揺さぶり、圧倒しました。 けれど、がっちりとガードは硬く、決め手には欠きました。 その中で私が何度か前蹴りを放とうとした際、ガードが下がって手で一瞬股間を庇う。 相手がそんな仕草を見せる場面が何度かありました。 それで2R開始早々、前蹴りを放つと見せかけ、三日月蹴りを放ちました。 相手が股間を庇おうとし、ガードが下がった瞬間、軌道を変え横腹への蹴りを見舞う。 レバーブローで苦しめ、動きを封じる。 あわよくば、倒す! つもりだったのですが、下がったと思ったガードをグッと上げられ、蹴りを弾かれました。 それで体勢が崩れたところへカウンターキックを放たれました。 キックはローブローでした。 蹴りを弾かれて脚が開き、ノーガードになっていた股間を突き上げる蹴りでした。 女でもまともに受けたら痛くすぐに立ち上がれるものではありません。 しばらくして試合再開したのですが、下肢が疼く違和感が残り、そこから精彩を欠きました。 得意のキックが鈍り、封じられる感じになり、徐々に相手のペースになっていきました。 それでも、挽回すべくチャンスの時にはハイキックも放ちました。 けれど、及ばず後ろに弾かれました。 その直後に相手は不敵な笑みを浮かべ、両股を閉じ両手で股間を抑える仕草を見せました。 ほんの一瞬の出来事でしたが、それで今までの股間を庇う仕草が挑発だったと悟りました。 私の脚を大きく開かせ、偶発的に見えるローブローを放った。 それで私の得意なキックを鈍らせるようにした。 確たる証拠はありませんでしたが、一瞬見せた表情と仕草がすべてを物語っていました。 素行が悪く、質が悪い相手なので、気を付けるようには言われていました。 でも、気が付いた時は、後の祭りでした。 試合はその後、完全に相手のペースになって私はサンドバック状態になりました。 結果は判定負けでしたが、最後まで倒れることなく戦い抜きました。 これも挑発であり、このような挑発に屈しない。 負けたとしても、最後まで誇りを貫いて戦い抜くファイターにも目を向けてほしい。 そう思って、書かせて頂きました。

ありがとうございます^_^ このハメドに唯一勝利した選手は、ハメドが試合中にどんな挑発をしても、最後まで付き合わずに、自分の距離での戦いを貫き通したそうですね! 悪質な高等反則や、挑発も込みで試合を考えている選手も居るとは思います。 ただ最終的には、勝ち負け以上に大事になるのは、選手として誇りでしょうね。

https://www.youtube.com/shorts/ayaA4ZrHNRQ 最近だと牛久選手が萩原選手にパーで挑発していましたね 意味あるのかわかりませんが好きです

ハメドほど露骨ではありませんが、辰吉丈一郎選手なども、相手をダウンさせた時に腕をグルングルン回したりしてましたし(あれははじめの一歩の鷹村の真似たのではないかと思いますが)、自分の気分を上げ、相手を挑発する行為は結構やってると思います。 ダウンさせた時に、ドンと体の近くで踏みつけをやったり、さらに突っ込む振りをしてみたり。 かつて「日本人キラー」と呼ばれたムエタイのランバー・ソムデートM16選手なんかも、ハイテンションな挑発をやってたりもしました。 この人はハメドに負けず劣らずの挑発パフォーマンスをしてましたよ。 https://m.youtube.com/watch?v=Re4Gl8BNhCo