レストランでナイフやフォークがセットしてありますが、 フォークが左側に3本ある時、真ん中を高くしている理由は何故ですか?

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(5件)

あまり気にしなくて良いと思います。 最初からカトラリーを置いているレベルですから。あまり考えていないお店だと思います。 コースによって使う物は違います。 料理によって一本ずつ置いてくれるレストランを利用してください。

まあ、洒落ですね。特に意味はないです。 強いて言うなら、1人分のセッティングの幅をなるべくコンパクトに収めるためですかね。ほんの数センチですが、この数センチがありがたい!というケースはよくあります。あ…、セッティングする立場からすると、ですよ。 一昔前は、食事をする際のテーブル上の1人分の幅は、最低3尺つまり90cmは必要だと考えられていました。まあ、今でも格式のある場所ではこれを採用しているのではないかと思いますが…。 でも売り上げを重視すると席数を多く確保するためにそれより小さなテーブルを使わざるを得ず、このような場合には幅のあるフォークやスプーンはズラしてセットしないといけなくなるわけです。

真ん中が高いと言うのは、フォークが大きいと言うことでしょうか? 全てのレストランが同じでは無いです。 あらかじめ決まっているコースでしたら、出される料理で若干変わってきます。 よくあるのは左側の外側からサラダ、フィッシュ、ミートフォークです。 ですが、例えば左からサラダフォーク、ディナーフォーク、デサートフォークとちょっと崩してセットした場合は、真ん中が1番高くなります。 いずれにしても。完全フォーマルかカジュアルか、何品コースかによって変わってくるので、必ず真ん中が高いと言うことはないです。

なんか知ったか回答がありますが、正式なセッティングではない場合、真ん中にディナーフォークをセッテングしている店は実際にありますよ。 上にデザートフォークとスプーンは正式なセッティングで、デザートのセットを省いている様な店では見受けられます。 テーブルセッティングは今やカジュアルなものが多くなっています。 正式なセッティングをしていないで店のスタイルに合わせた物が多いです。

正直に言って、日本人はどの料理の時にどれを使ったらいいのか見当もつかないのが本音なんですよね。最後にフォークが1本ぽつんと残ったりして。 そりゃー雅子さまや紀子さまクラスになりますとわきまえているんでしょうが、一般大衆は箸一膳で全部を平らげるのが普通ですからね。 真ん中の大きなフォークはたぶんメインディッシュ用でしょうか。ところがどれがいったいメインディッシュなのかが分からないのも本音で、隣客の作法を横目で睨んで真似たりしていますが、隣客も意外に戸惑っていたり‥‥。 敢えて不器用な国民性に合わせることもないような気にもなりますけど。

同じようなフォークが並ぶと、うっかり間違えてしまいやすいので外側からの順番がわかりやすく、取りやすいという配慮だと思います。 でも、必ず真ん中を高くしているわけではないので、お店の人の感覚でしょうね。見た目も含めて。