筋肉トレしてる人に聞きたいのですがストレッチやランニングはしますか?

トレーニング | ダイエット、フィットネス166閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(6件)

筋トレはまったくやっていませんが、有酸素運動は走りまくっています 先日誘われてジムに行ったのですが、ベンチプレスマシンにて100Kgで3回上がりました 少なくとも、有酸素運動で筋肉を落とした人の筋力では上がらないと思います ちなみに私の仕事はデスクワークです 走り方は800mダッシュ+ジョッグ3分を繰り返しています

う~ん 有酸素をやると筋肉が落ちると言うのは 経験が未熟な人の日本語表現です 特にネット上でよく見かける 例えばマラソン選手と言うのは キロ3分台で2時間とか走りますが 一般人にはその能力がありません その能力を得るためのトレーニングで記録更新をする過程で 筋肉が燃費特化して軽量化していき筋肥大とは 逆向きの進化現象が起こると言うだけです 一般人はキロ3分台で2時間走るための記録更新を していないためそのような体に届きません なんでか未熟な人は有酸素だけ目の敵にするんですけど これは有酸素の情報を発信している人間が 有酸素嫌いの筋トレマンに多いからです おれから言わすと筋トレも有酸素も同じことです

目指している物によるとしか言いようがありません トレーニングは全体バランスとリカバリーが重要です 偏りすぎたトレーニングは、何らかの異常として表面化してきます なので、フィジークやボディビルでもないかぎり、ストレッチは非常に重要ですし、ある程度の有酸素運動を行うことも重要です まずストレッチの重要性ですが、筋トレを行うことで筋繊維の破壊と緊張が発生します これらを放置する事は筋肉の収縮性が損なわれる原因であり、収縮性の無い筋肉は可動域の減少やケガの原因となります よほどの管理をしないかぎりは、ストレッチを行わないのは危険です 次に有酸素運動ですが、循環器系機能の向上や筋持久力の向上、強度によってはリカバリー要素も期待できます また、脂肪燃焼に非常に有効になります 食事だけで栄養素の管理をするのは非常に難しく、有酸素運動を行う事で脂肪を燃やして綺麗な身体を作れます また、循環器系の向上で疾病も防げますので、健康管理という面では非常に期待できます 有酸素運動による筋分解ですが、こちらは殆ど無いのでご安心ください 体内のグリコーゲンが枯渇し、それでもなおトレーニングを行うと発生するのですが、よほど速筋が大きくない限りは優先度は脂肪の方が高くなります 身体が不要だと感じる組織を分解してエネルギーに変換するわけですから、有酸素運動や日頃の筋トレに必要な筋肉まで分解する筈がありません 無駄にデカい筋肉であれば不要と判断されるでしょうが また、グリコーゲンを枯渇させてなお走るとなると、10~15kmを日常的に走る人になってきます たかだか30分~1時間程度の軽いジョグで枯渇するようなものではありませんし、食前で枯渇しやすかったとしても先述の通り脂肪燃焼の方が割合が大きいという事になります 走るのが嫌な人が唱えているような気がする筋分解説なので、一般の人には程遠い話になります

ランニングは月300超えると結構違ってくる 月間200前後なら殆ど優位な差は感じられない フィジーカーとかビルダーは除きます ただBIG3トータル350でフルサブ3.5は可能 実証済み

有酸素運動が筋肉を落とすというのは、短絡的思考です。 有酸素、無酸素関係なく、栄養状態で筋肉は分解されます。 最終的にトータルエネルギーが多くなりやすいという点で有酸素運動は筋肉を【落としやすい】運動です。 というか、有酸素運動と無酸素運動の境界線なんてすごく曖昧です。 完全に無酸素だと人間はほぼ即死ですからね。 健康効果についても誤解があるかと思います。 ストレッチやランニングに特別な効果なんて存在しません。 それは運動をしない、つまり健康から外れている人間にとっての効果であって、運動習慣がある人間に対しての効果ではないです。 有酸素運動をしているか? していますよ。 ただそれは、運動をしない人間には無酸素運動に分類されるでしょう。 一つの例を出すならば、日課にしている26kgのウエイトベストを装着して、つま先のみでの階段昇降ですね。 ストレッチはしているか? 軽い動的ストレッチはしますが、無理に伸ばすような静的ストレッチはしません。