ID非公開

2023/11/30 22:02

22回答

ネットニュースを見ましたが、生活保護受給者が憲法なんちゃらとかいって起こした裁判で勝訴しましたよね。

2人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非公開(回答者)さんへ。 あなた、大きな誤解をしていますよね。 この裁判の主な目的は2013年から3度にわたって行われた生活保護費の引き下げが違憲・違法かどうかを争うもので、損害賠償は「二の次」のものなのですよ。 ここで名古屋高裁が「引き下げは違法である」という判断を下したのですから、生活保護法という法律に基づき経済状況に見合った適正な保護費基準に戻し、これまで引き下げた分を遡って支払う義務が生じるのです。 だからあなたのおっしゃる「減額処分の取り消し」は「減額が違法である」という判断に基づいて国が行わなければならないものです。ですから「聞こえてこない」というのはあなたが「聞く気がない」からですよ。 ID非公開(回答者)さん、あなたどうやら生活保護利用者に対する偏見をお持ちのようですね。あなたには憲法の「生存権」と生活保護法についてしっかり勉強をされることをお勧めします。

その他の回答(1件)

原告13人全員に慰謝料として1人当たり1万円の賠償を命じました。だけであって、減額処分の取り消しは聞こえてきません。ということは生保の人に今まで減額されていた分の保護費が支払われるわけではありません。慰謝料を受け取った場合は生活保護費の返還が必要です。